魔法使いの弟子たち(上・下巻) :井上夢人

著:井上夢人

【あらすじ】
山梨県内で発生した致死率100%近い新興感染症。週刊誌記者の仲屋京介は取材中に感染してしまう。感染者は400名近くに膨れ上がり、死者も続出。結果、“竜脳炎”感染者で、意識が戻ったのは京介を含めた三名だけだった。隔離生活を続けるうち、三人は不思議な「後遺症」を身につけていることに気づく。

【感想】
コンピュータや超常現象を題材にした作品が多いですが、大好きな作家です。この作品も未知のウイルスに感染し奇跡的に生き残った3人は超人的な能力が宿ったという、アメコミ・アメドラ大好きな方なら生唾もののお勧めの作品。とってもベタなネタですが割り切って読めばかなり楽しめます。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る