オレたちバブル入行組/オレたち花のバブル組:池井戸潤

著:池井戸潤

【あらすじ】
『オレたちバブル入行組』
大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

『オレたち花のバブル組』
「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。

【感想】
2013年の話題を総なめにしたドラマ「半沢直樹」の原作2部になります。もちろんドラマも観ましたが、面白い作品は原作もみたくなります。ドラマでいうとオレたちバブル入行組は関西支店偏、オレたち花のバブル組は東京本店偏という部作になります。ドラマはおおむね原作に忠実に作られているようです。まぁ、ドラマでの土下座とかの大げさな脚色は別として。

原作とドラマの違いを比べるのも面白いですが、やはり原作を読まないと本当の「半沢直樹」の面白さは語れないと思います。ドラマも続編が予定されているようですが、その前に一度原作を読むのもお勧めします。作品では第3部の「ロスジェネの逆襲」も刊行されています。


関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る