永遠の0 :百田尚樹

著:百田尚樹

【あらすじ】
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくる—-。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

【感想】
話題の百田尚樹代表作でもある「永遠の0」。この手の戦争小説はやはり読み辛いし苦手。これが同じ日本で起こったのか、同じ日本人だったのかと思うと信じられません。「神風特攻」、現代では美化されがちな特攻隊員ですが、特攻隊の真実、少年兵達の本心が描かれています。また、戦争を通しての人間の愚かさと人間の素晴らしさの両方が描かれ印象的でした。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る