ルーズヴェルト・ゲーム:池井戸潤

著:池井戸潤

【あらすじ】
「一番おもしろい試合は、8対7だ」野球を愛したルーズヴェルト大統領は、そう語った。監督に見捨てられ、主力選手をも失ったかつての名門、青島製作所野球部。創部以来の危機に、野球部長の三上が招いたのは、挫折を経験したひとりの男だった。一方、社長に抜擢されて間もない細川は、折しもの不況に立ち向かうため、聖域なきリストラを命じる。廃部か存続か。繁栄か衰退か。人生を賭した男達の戦いがここに始まる。

【感想】
池井戸作品の真骨頂。会社経営と社会人野球部存続にかけての大逆転劇物語。ミツワ会社との合併をかけての臨時株式総会。仕組まれた合併を推進する株主とのディベートは白熱。ミツワ会社との社会人野球都代表をかけての一戦も重なり更に盛り上げます。双方のキーとなる笹井専務の人間性が非常に格好良かった。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る