ロスジェネの逆襲:池井戸潤

著:池井戸潤

【あらすじ】
ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。責任を問われて窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに、周囲をアッといわせる秘策に出た―。直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!

【感想】
いわずと知れた半沢直樹シリーズ第3弾。今回もやってくれました。今回は企業買収劇になりますが、これでもかという裏切りや裏工作で追い詰められる半沢直樹。本当にこんな悪いやつ等いるの?と感じるくらい色んな人物に追い詰められていく。しかし、ここでも「やられたらやり返す」の半沢魂で見事な逆転劇をしてくれます。最初から最後まで手が止められない作品でした。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る