武士道シックスティーン:誉田哲也

著:誉田哲也

【あらすじ】
日本舞踊から剣道に転向し独特の足捌きをする早苗と、パワー、スピード、勝負勘の全てに秀でる剣道エリートの香織。二人は中学最後の区民大会で戦うが、香織はなぜか早苗に負けてしまう。敗れた悔しさを片時も忘れない武蔵オタクの香織に、一切そんなことは忘れているお気楽不動心の早苗。そんな因縁の二人が一緒の高校になった! 竹刀を構える二人の女子が非常にかっこよく美しく、挫折や苦悩を知って成長する姿がなんとも愛おしい、一気読みの傑作青春エンターテインメント誕生。

【感想】
€ストロベリーナイトをはじめ、誉田哲也の作品に、すっかりハマって読み漁っています。誉田作品の中で死人のでない作品といわれたこの作品。すっかりツボにはまりました。女子高校生の剣道を通しての青春描写をとても上手に描いています。剣道は高校の体育の時間に3年間やった事がありまったくの未経験ではないので情景や臨場感がすごく共感できました。おんな版「六三四の剣」といえば同世代ならイメージつくかな。つづく「武士道セブンティーン」、「武士道エイティーン」も一気に読破しましょう。

トップへ戻る