三匹のおっさん:有川浩

著:有川浩

【あらすじ】
3月になり60歳の誕生日を迎え、地元ゼネコンを定年退職し系列会社の経営するアミューズメントパークに経理担当の嘱託として再就職することとなった剣道の達人・清田清一ことキヨは、社会的に「おじいちゃん」の範疇に入れられることに違和感があった。帰宅後、祝いの席となるはずの夕飯の席で還暦セットを無理やり着せられた挙句、息子夫婦の「道場を潰す」という発言で、嫁と息子夫婦が口論になり、家を飛び出したキヨは、子供の頃からの腐れ縁でかつて「三匹の悪ガキ」と呼ばれていた仲間の柔道家・立花重雄ことシゲと工場経営者・有村則夫ことノリと酒を酌み交わす。翌朝キヨを訪ねてきたシゲの提案により「三匹の悪ガキ」のなれの果ての「三匹のおっさん」は、私設自警団を立ち上げ町内をパトロールすることにした。

【感想】
相当ヤバイ。おっさん達格好よすぎ!読んでいてスカッとします。私は埼玉の田舎育ちなので、昔の近所のじいちゃん(おじさん)達って、なんか怖いイメージだったよなって懐かしく感じました。ここにでてくる3匹のおっさんのうち2人は武道の達人で、その腕を活かしながら、近所で悪事をする輩をバッタバッタと懲らしめていくのですが、武力だけでなく、威厳のある言葉を放ったりしてめちゃ格好いいんです。こんな、おっさんになりたいな。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る