燃えよ剣:司馬遼太郎

著:司馬遼太郎

【あらすじ】
幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ”は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。

【感想】
新撰組土方歳三を主人公にした名作ですね。実は私が読書をするようになったのは、この作品が、きっかけになったのです。活字も歴史も苦手だった当時の私に読書の楽しさを教えてもらいました。知人に進められて手に取ったのですが、とにかくわかりやすく読みやすい。そして個々の維新志士キャラクターが格好いい。あわせて「竜馬がゆく」を読めば幕末のヒーロー達が勢ぞろいですよ。

トップへ戻る