殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

著:真梨幸子

€【あらすじ】
一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして新たな人生を歩み始めた十一歳の少女。だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。「人生は、薔薇色のお菓子のよう」。呟きながら、またひとり彼女は殺す。何がいたいけな少女を伝説の殺人鬼にしてしまったのか? 精緻に織り上げられた謎のタペストリ。最後の一行を読んだ時、あなたは著者が仕掛けたたくらみに戦慄し、その哀しみに慟哭する……!

€【感想】
負のオーラ満載の作品ですね。真梨作品を読むのは2作目ですが、どろどろな気持ちのまま読了するという、毎回後味の悪い作品が多いのです。この作品は殺人鬼であった母フジコの生涯を娘の早季子が小説にし、次女の美也子が発表したという構成。そして、なぜフジコが殺人鬼になったのか?事件の黒幕は?美也子が書いた、「あとがき」にこそ全ての真実が書かれていた。とても複雑な関係図ですが、リアリティのある構成が面白いですよ。そして殺人鬼フジコの内容は凄まじすぎる。

トップへ戻る