プラチナデータ:東野圭吾

著:東野圭吾

【あらすじ】
国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。殺さ れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。彼らは、なぜ殺されたの か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。犯人の名は、『神楽龍平』。 追う者から追われる者へ。事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。果たして神楽は警察 の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

€【感想】
DNA操作とスーパーコンピューターを紐づけた、近い未来の犯罪捜査操作題材にしています。システムの開発に加わった主人公が、システム開発者である天才数学者の殺人の汚名をきせられてしまう。その自分の容疑を晴らすために逃亡しながら自分の体の謎と真犯人を解明していくという大部分は逃亡劇がしめます。ちょっと中弛みしてしまいますが、真犯人が、まさかこの人物とは!。さすが、東野圭吾ですね。

トップへ戻る