プラチナタウン:楡周平

著:楡周平

【あらすじ】
出世街道を外された総合商社部長の山崎鉄郎は、やけ酒を呷り泥酔。気がついた時には厖大な負債を抱えた故郷緑原町の町長を引き受けることに。だが、就任してわかったことは、想像以上にひどい実情だった。私腹を肥やそうとする町議会のドンや、田舎ゆえの非常識。そんな困難に挫けず鉄郎が採った財政再建の道は、老人向けテーマパークタウンの誘致だったのだが…。

€【感想】
€楡周平、得意のサクセスストーリーです。この作品は老後の難問を一掃してくれるマーケティングアイデアがテーマです。遠くない将来、現実に自分たちが直面する可能性のある老後問題と、過疎の町の財政危機をマネジメントにより解決するという夢のような話。ちょっと上手くいきすぎな感じもありますが、この内容は今後、本当に国レベルで考えなければいけない問題ですね。

トップへ戻る