天地明察:冲方丁

著:冲方丁

【あらすじ】
江戸時代前期、それまで800年にわたり使用されてきた暦の誤りを見抜き、「日本独自の暦」を作り上げた渋川春海(安井算哲)。彼が、数々の挫折を繰り返しながら、改暦の大事業に挑む姿を描く青春エンタテインメント。


碁をもって徳川家に仕える碁打ち衆の家に生まれた安井算哲(後の渋川春海)。囲碁以外にも、算術・神道など様々な知識を持つ算哲が最も愛したもの、それは星を眺めること。会津藩主・保科正之の命で、日本全国の北極星の高度を測り、その土地の位置を図る北極出地の旅に出た算哲は、その途上、それまで使われてきた暦の重大な誤りに気付く。

旅から戻った算哲は、その誤りを正す改暦の大事業を担うことになるが、それは当時、暦を司る権力=朝廷への挑戦を意味し、更に暦の作成には正確に星の動きを知り途方も無い計算を極めねばならず、正に天と地への挑戦に他ならない。算術や天文学に魅入られた多くの仲間たちの支えを受け、権力から度重なる理不尽な仕打ちを受けながら、算哲の生涯を賭けた挑戦が始まる―。

【感想】
算術が娯楽とうたわれる時代・・・。理数系の苦手な私には想像もつきませんが、青年が生涯をかけ「改暦」という国家の事業に取り組む。そしてそれに答える。春海の周囲に登場する多数の人物とのやりとりの中に人間関係の大切さを感じました。江戸時代が背景ですが、戦ものでなくとても読みやすい歴史小説です。今年秋に映画化されました。『おくりびと』の滝田洋二郎監督と岡田准一主演との事でこちらも観てみたいですね。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る