良質なまちづくり。「住んでみたいまち、住み続けたいまち」流山へ。

流山市マークみなさんこんにちは。毎年の事になりますが、市のHPでは「平成27年度施政方針」が発表されています。平成26年中の人口増加率が1.70%で県内1位となった流山市。すごいですよね。これからは「住んでみたいまち、住み続けたいまち」へ目指していくようです。

平成27年度施政方針の冒頭文にもありますが、「これからも流山市に住み続けたい」という定住の意向をお持ちの方が、平成15年の75%から平成25年度では過去最高の82%へと増加しているようです。住人としても嬉しい数値です。私もそのうちの一人になるわけですね。

4月から育児休暇が終わり共働きに戻る我家では子供達の保育園問題を心配していましたが、無事2人とも決定しひと安心しております。これも待機児童解消の為に保育園の新設・増設を行なって頂けた恩恵かもしれません。

また、私自身もちょっと気になっていた防犯灯。マンションや戸建コミュニティのある区画では灯が充実して夜でも明るいのですが、まだまだ開発途上のおおたかの森周辺は一部不安と思える程暗い場所もありました。新興が多く、管理する自治会が上手く機能していないのも考えられますが、今後は防犯灯は自治会から市が管理することになるというので安心です。しかも一斉にLED灯へ交換らしいですよ。省エネ効果もバツグン。

更には「都市軸道路」が東武野田線と交差するアンダー区間の整備、流山おおたかの森駅西口の駅前広場や駅周辺の整備が、共に平成28年度末の完成を目指し、本格的な着手が始まっていくとの事も嬉しい情報です。

施政方針は10章からなる膨大な内容が掲載されています。興味・関心のある内容もあると思いますので一度斜め読みしてみてはどうでしょうか。

次のキャッチは「住みたいまち流山」とか「住み続けたいまち流山」かな。

平成27年流山市議会第1回定例会
流山市
関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る