探検発見、「市野谷の森」。

市野谷の森みなさんこんにちは。おおたかの森駅西方面にあります「市野谷(いちのや)の森」。開発による木の伐採を防ぐため「県立公園化」を一日も早く実現させようと自然保護団体による署名活動も行われております。おおたかの森の由来は、この市野谷の森にオオタカ営巣地がある事からなんです。

我家から「市野谷の森」までは徒歩で5分ほど。森なんです。鬱蒼とした森なんです。踏み入るのにどこか躊躇してしまう森なんです。でも、森ってこんな感じですよね。「トトロ」の世界ではないですが、本当に何かがいそう・・・。

市野谷の森息子から虫捕りに行きたいと要望があがりましたので、近所の「市野谷の森」に虫捕り探検に行って来ました。入り口は、流山おおたかの森小中学校の奥から。森への入り口がぽっかり口を開けていました。

森の中に入ってみると、意外と道もしっかり出来ていて歩きやすいです。これは「自然観察会」などのイベントのおかげですかね。奥には小さな沼もあり、そこから生えている立ち枯れのスギが乱立していて・・・ちょっと怖い。怖い系の撮影場所にいいのではないでしょうかココ。流山フィルムコミッションで使われるかもw。

市野谷の森森の東(北)側?(水道局側)へ進んでくると、いかにもな感じの老木発見。根元の方を見てみると、いましたいました、たっぷりな樹液が出ているところに「カブトムシ」。しかも雌雄一対。ここで息子に生物講義。カブトムシの掴み方を教えた後、雄だけ虫カゴの中に入れゲット。更に奥へと進み数本の樹液を出してる木を見つけましたが、カブトムシもクワガタムシもいませんでした。残念。

市野谷の森市野谷の森に初めて踏み入れたわけですが、結構、本格的な森でした。大人になってからは、あまり手付かずの森に入っていなかったのでちょっと躊躇していましたが、息子と「カブトムシ」発見してからは大盛り上がり。私の方が童心にかえってはしゃいでしまったかも。カブトムシの写真ブレブレですしw。結局、森遊びは1時間くらいいましたかね。

県立公園化が予定されている市野谷の森ですが、この原生感は残したまま整備されて欲しいな。「森」って、何かがいそうというドキドキワクワク感が大事ですよね。次はクワガタ捕獲にチャレンジです!


コメント

  1. Ryurupapa より:

    こんにちは

    自分も市野谷の森には入ったことがありません。今度入る時は誘って下さいな、チャリで行きますので・・・。
    現在カブトムシの幼虫を卵から孵化させ飼育中(妻が)なんで、うまくいったら来年お譲りしますね!

    • kamichiki kamichiki より:

      Ryurupapaさんこんにちは。
      「市野谷の森」思っていた以上に森でした。今度、みんなで森探検に行きましょう!小中学校の裏手が入り口になっていますが、学校の?駐車場も数台分ありましたので車でも行けそうです。

      カブトムシのを卵から育てているのですか!?子供の頃はサナギからなら孵化させたことがありますが、奥様スゴイですね。確保してきたカブトムシはめちゃくちゃ元気で。夜になると飼育カゴ内をカリカリ暴れまくってます。もう少し大きな飼育カゴにしてあげようかと思っています。

      月曜日に夏休みがとれたので、ザリガニ釣りに連れて行こうかと。

トップへ戻る