非日常空間の「蔵カフェ 灯環」でカフェタイム。

蔵カフェ 灯環みんさんこんにちは。流山本町で人気の蔵カフェ「 灯環(とわ)」に行ってきました。その名の通り国指定登録有形文化財「笹屋土蔵」を改装してつくられた蔵のカフェです。重厚な造りの店内はモダンレトロな雰囲気が漂います。今回はこちらでカフェタイムしてきました。

重厚な蔵の中で、温かみのある器でブレンド珈琲をしんみりと味わえる(味わいたい)。本来ならゆっくり珈琲やスイーツを楽しみたいところですが、子連れだとそうも行きません。お庭のオープンスペースで子供達と、とっくみ合いのカフェタイム。そんな中でも、味醂を使用したスイートポテトとバターケーキを味わってきました。

蔵カフェ 灯環スイートポテトはサツマイモそのままの感じでほんのり甘くて食べやすい。お芋大好きな娘は齧り付いていました。妻の頼んだバターケーキもゴロっとしたチーズの食感がわかるくらい、そして生地はしっとり柔らかく美味しかったです。こちらのお店ではブランチも用意されておりキッシュやカレー等の食事もできます。のんびり朝食もいいですね~。

お店の一階には流山ご来訪の記念になる小物やふるさと産品ショップスペースも併設。2階はギャラリースペースとなっており美術・芸術作品の展示、各種講習会、ミーティング、コンサートなどの会場にもなっています。また、イベントや講座も数多く開催されています。

蔵カフェ 灯環基本、店内はスペースの関係からベビーカーは入れませんし、お子様用のメニューは用意されていません。子連れのときはお庭の席が空いている時に利用がよいかと思います。

非日常空間で、流山本町のカフェやレストランをのんびり利用できるのは、いつの日になるのか・・・。


関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る