三輪茂呂神社の「ヂンガラ餅行事」が開催されます。

ヂンガラ餅行事みなさんこんにちは。ぶつかり合う裸と裸、激しい息遣い、飛び散る汗・・・。あれ?昨年もこんな書き出しで書いたような。ま、いいか。さて今年も流山の熱い伝統祭り「ヂンガラ餅行事」が開催されます。若い衆の裸のぶつかり合いがみれるようですよ!奥さん!

無形民俗文化財にも指定されている「ヂンガラ餅行事」。毎年、三輪茂呂神社の前を通りかかると立て看板が掲げてあるのは見かけるのですが、本番の祭りにはタイミングが合わず未だ実物を見たことがないのです。

ヂンガラ餅行事は、三輪野山にある茂侶神社で行われます。若い男たちの群れに約3升の餅を投げ入れ、掛け声とともに餅を奪い合い、餅を割るという。なかなかの熱い祭り。そして、その餅の割れ口で豊作や区作を占うとの事です。

最近は、「草食系男子」や「さとり世代」とクールな男子が多いと聞きますが、このような日本の熱い祭りに影響はないのでしょうかね。生身の女に興味ナシの「絶食系男子」も増え続けているとか・・・。

ただ、流山市にみてみると30~40歳代が多く、合計特殊出生率は全国平均よりも高くなっているとのことなので、熱い漢は多そうですね。

【開催日時】 2016年1月10日 13:00〜15:00
【開催場所】 茂侶神社

※茂呂神社は各駅から距離もありますし、専用駐車場もありません。近くにコインパーキングもなかったよと思います。おおたかの森駅から循環バスを利用するとよいかもしれませんね。

流山の奇祭!?ヂンガラ餅行事開催。
みなさんこんにちは。ぶつかり合う裸と裸、激しい息遣い、飛び散る汗。あれ?変な想像しました?そんな欲求...
関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る