流山市内の果樹園で「ブルーベリー摘み取り」が間もなくはじまります。

ブルーベリーみなさんこんにちは。6月に入りました間もなく関東地方も梅雨シーズン到来ですね。今年は蒸し暑く大雨の予報が出ています。昨年は通勤用のレインシューズを購入しました。かなり快適ですよ!外見は普通のビジネスシューズのように見えるので一足あると重宝します。

さて、人間には不快な時期突入ですが、果樹にとっては恵みの時期なのではないでしょうか。6月の果樹狩りを調べてみますと、サクランボ、ビワ、ブルーベリーが人気ですね。サクランボは東北、ビワは同じ千葉でも南方面が中心。そしてブルーベリーですが、こちらは東葛地区の農園でも数多く栽培されております。

流山市にも何軒かブルーベリーの摘み取りができる農園があります。摘み取り時期は6月の中旬頃からとの事で、詳細は各HPか農園に直接お問合せ下さい。近くでブルーベリーの摘み取りが出来るのも嬉しいですね。

農園名 住所 電話 備考
ブルーベリーガーデンIKEADA 上貝塚204  04-7158-9984   摘み取りは事前の予約が必要。
水代果樹園    向小金3-179   04-7174-4451  
吉田ブルーベリー園 市野谷123   04-7158-2073

ブルーベリーの魅力は、果実の健康機能性にもあります。果皮に多く含まれるアントシアニン色素には、ロドプシンの再合成を助ける働きがあり、視力改善や眼精疲労の回復に効果があると多数報告されています。また、果実に含まれる食物繊維は、フルーツの中でトップクラスに入ります。最近では、ラビットアイブルーベリーの葉に含まれるポリフェノールの一種、プロアントシアニジンに、抗脂肪肝作用や血圧上昇抑制作用などの生理機能がある可能性も報告されており、キナ酸によってさわやかな酸味をもつハーブティーとして、利用されるようになりました。参考http://www.sc-engei.co.jp/plant/fruits/cultivate/188.html

ちなみに@kamichikiはブルーベリー(ガム)がちょっと苦手。でも、実際に木になっているのを食べたら美味しいのかな。今年は子供達連れて行ってみたいと思います。

ブルーベリーの栄養素と効果【管理栄養士が解説】
ポリフェノールの一種アントシアニンや、ビタミン、ミネラル、食物繊維などブルーベリーは栄養たっぷりな果実。目に良いだけでなくダイエットや便秘改善、花粉症対策など多くの効果があります。管理栄養士による解説や、おいしく健康になれるレシピもご紹介。
関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る