芸術の秋は流山で!「森の美術館」がオープン!

「森の美術館」みなさんこんにちは。小さい頃から絵を描いたり工作したりする事が好きで、学生時代は「美術」の時間が大好きでした。毎週2時間続けてある授業も嬉しかったな。社会人になってからはすっかり美術に関心はなくなりましたが、パソコン、インターネットが現れHP作成にどっぷりはまった時期もありました。

芸術の秋です。だからと言って、写生会だ!とか、陶芸体験だ!とか、国立美術館に行くぞ!とかでなくても、近所でのんびりゆったり芸術を感じる場所ができました。そう、流山に。

森の美術館以前、Moricomでも少し紹介されていましたのでご存知の方は多いかと思います。流山おおたかの森か駅から少し離れた、大畔(おおぐろ)の竹林の中に「森の美術館」がひっそりとオープンしました。流山の里山風景に、突如現れた謎の近未来的な建造物を発見した方は驚かれたとかw。流山教習所の向かいの細道を入って行った場所にあります。

こちらのオーナー兼館長さんは森さんという方で、数年前から美術館をひらく場所を探しており、この流山の里山風景が森さんの心を鷲掴みし、この地が選ばれたようです。この美術館では才能ある若い画家さんを応援し、発表の場としてこの美術館を使いたいとの事。素晴らしいですね。

美術館では入場料にドリンクも含まれ、館内の喫茶コーナーでは、お茶を飲みながら広いお庭や美しい竹林も楽しめるとの事です。

遠出しなくても、近所で楽しめる「森の美術館」で、才能溢れる未来の巨匠の芸術を鑑賞してみてはいかがでしょう。

今回は場所の確認だけでしたが、@kamichikiも今度ゆっくり訪問してみようと思います。駐車場も5台分位はありました。

【住所】
千葉県流山市大字大畔(おおぐろ)315

【開館時間】
夏季 10:00~17:00(入館16:30まで)
冬季 10:00~16:00(入館15:30まで)

【入館料】
大人:600円(飲み物付)
中・高生:300円 
小学生以下:無料

【休館日】
月曜・火曜・年末年始

流山すみずみさんが詳しくレポートされてます。

流山市大畔(おおぐろ)でのタイムスリップは未来へも。里山のモノリスこと「森の美術館」
わびさび効いている大畔の里山にこの3連休の最終日にジョギングで立ち寄りました。

ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る