広報ながれやま特集号「ことしはこれをやります」。2017年度に流山市が取り組む主な事業紹介。

みなさんこんにちは。2017年度に入りました。娘ちゃんも息子くんと同じ保育園に入り、初日から楽しく過ごせたようです。息子くんがいろいろサポートをしてくれたようで助かりました。これで送迎も1カ所で済み親としても負担が減ったし、兄妹で同じ保育園に通えてよかったです。

さて、年度が替わり4月1日の「広報ながれやま」には特集号が刊行されています。2017年度の流山市の事業計画が記載しているので目を通しておくと良いですよ。平成29年度以降は西平井・思井・鰭ヶ崎地区周辺の開発が中心になりそうです。

それと今年度も教育関係・福祉関係の強化も継続して行われ、小学校の増設・改築や保育園の増設の他に学童、サポートセンター、送迎保育ステーションの強化も推進されるようです。また、おおたかの森・小山小学校、南流山中学校では、夏休みの学校開放による「子どもの居場所づくり」試行事業も開始されるとのことです。これは共働き家庭には魅力的な事業ですね。

広報ながれやま特集号

他にも興味深い事業や施策も掲載されていますので、興味のあるかたはご覧ください。

平成29年4月1日号(平成29年度事業特集号)

スマホではアプリが便利ですよ!

マチイロ: 自治体のニュースで住むまちをもっと好きになる

マチイロ: 自治体のニュースで住むまちをもっと好きになる
開発元:Hope, Inc.
無料
posted with アプリーチ

ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る