流山市の鳥に「オオタカ」が候補。市の鳥制定アンケート実施中です。

オオタカみなさんこんにちは。最寄は流山おおたかの森駅です。オオタカの森?オオタカいるの?なんてよく聞かれます。@kamichikiは、まだ見たことはまだありませんが、ちゃんと生息しています。最近も市内で撮影されたオオタカがFacebookにアップされていました。

流山おおたかの森駅西側には「市野谷の森」があります。鬱蒼とした本格的な森です。この森にオオタカが、県内初めて繁殖が確認されて以来、市内数か所で営巣・生息が確認されていまして、それが「おおたかの森」の由来ともなっています。

今では、駅やショッピングセンター、学校、将来的には新市街地区は住所も「オオタカ」の名前が使われ流山市のシンボルともなりつつあります。流山にこれ程根付いた「オオタカ」を市民の鳥に制定しようという声も上がっており現在、アンケートが実施されています。

また、「流山のオオタカを守る会」代表からは、2015年から3年続けて市野谷の森でオオタカのつがいが繁殖できなかったことを明かし、「ぜひ早く市の鳥に制定して、保護に力を入れてほしい」と話されています。

オオタカが流山市に生息し続けるためにも、市民の保護意識を高めるためにも、市の鳥に制定されると良いなと思います。名前だけの「おおたかの森」になって欲しくないですからね。

なにより、市の鳥=オオタカってだけでも格好いいですよね!

アンケートは、市役所各出張所、公民館等一部の公共施設のほか、ホームページ上でも実施されています。

アンケート受付期間:2017年9月1日(金)~9月22日(金)

「市の鳥」に関するアンケートを実施
オオタカ「流山市の鳥」へ前向き 市が検討を表明
 流山市は二十日、市内に生息し、学校名などに多く登場する「オオタカ」を、「市の鳥」にする方向で検討していることを明らかにした。

ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る