みんなで食べよう。南流山で「こども食堂」がはじまります。

「南流山こども食堂」みなさんこんにちは。我が家の4歳になる娘ちゃん。私に似ず小さいのです。息子くんが2歳の時の身長よりも低いというのがちょとした悩み。とにかく食事の量が少ないのです。もっと食べてくれないかな。

どうやら保育園ではちゃんと食べてくれているようなのでひとまずは安心しているのですが、家だと色々な誘惑に負けて食事をサボっているようなんですよね。しかも、食事中のマナーも良くなくて毎日のように怒ってます。「パパのじいちゃんはものすごく恐くて、ご飯を残したりしたら怒られたんだぞ!!」といっても、効果はまったくなく・・・。困ったものだ。

最近、ニュースなどで耳にする「こども食堂」というサービス。南流山にも登場です。「こども食堂」の位置づけがイマイチ理解できていませんが、調べて見ると「経済的な事情などにより、家庭で十分な食事がとれなくなった子どもに、無料もしくは安価な食事や居場所を提供する活動」という事らしいです。しかし、民間の取り組みなので地域や場所によってサービスは異なるようですね。

経済的な理由でなくても、核家族、少子化、共働き等で、家族団らんが困難なご家庭が多いかもしれません。子供だけに限らずシルバー世代もあてはまります。また、流山市は転入者も多いので、地域との繋がりをつくるコミュニケーションの場としても活用できそうです。

【南流山こども食堂】
子どもお一人でもお越しいただけますし、日曜日のママ業軽減のためご家族全員でお越しいただくことも大歓迎。もちろんシニアの方でも、一人暮らしの大学生の方でも、どんな方でも歓迎します。みんなで一緒に食べましょう。

開催日時:2017年10月1日(日)12:00~14:00
実施場所:南流山センター2階
費用:中学生以下おひとり100円、高校生以上大人おひとり300円
限定50食。なくなり次第終了。

南流山の食堂は「こども食堂」というより「かぞく食堂」に近いですね。素晴らしい取り組みです。南流山地区は、「こども食堂」の他にも「シングルマザー専用シェアハウス」などもあり、とっても住人に優しい地区ですね。

南流山子ども食堂(みなみながれやま子ども食堂)
南流山子ども食堂の開催情報・主催団体紹介・ボランティアや寄付のお願いを掲載しております。「みんなで食べよう」をモットーに地域のつながりを高めることを目的にしております。主催団体は「南流山子ども食堂の会」です。
MOM-HOUSE(マムハウス)|ひつじ不動産
MOM-HOUSE(マムハウス)です。62点の画像、シェアハウスの特徴、共用部の施設、専有部の設備、空室状況、運営者情報、アクセス、地域環境、詳細レビューなどを掲載しています
関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る