紀伊国屋書店「ほんのまくら」フェアが開催中

紀伊国屋「ほんのまくら」フェアみなさんこんんちは。数年前から通勤時の暇つぶしに読書をするようになったのですが、新たな本を漁りに紀伊国屋に行ったところ「ほんのまくら」フェアなるものが開催されていました。このイベントは、著者が思いを込めて書いた「書き出し」=「まくら」を手だてに、お客様の直感で本を選んでいただくという、風変りな選書スタイル。昨年大好評だったために今年も開催されたようです。

最近では「電子書籍」などが次々発売されてきて、「本」を売るのにも色々な工夫がされていますね。やはり私は「電子書籍」よりも「本」がいいようです。なんていうか、本の残ページ数などから、あとこれだけのページでどう展開するのだろうか?などと感じられるのも「本」の魅力でもありますしね。

紀伊国屋「ほんのまくら」フェア

本のカバーには書き出だしだけ

私は大概、好きな作家さんのシリーズを読破していくタイプで、新たな本を選ぶときは、裏表紙のあらすじを読んで手にする事が多いのです。が、この「ほんのまくら」フェァでは本の書き出だしだけで選書しなければなりません。作家もタイトルもジャンルもわからないんです。まさに本の闇鍋状態。

この企画おおいに賛成です。やはり長年読書をしていくと、作者やジャンルに偏りが出てきてしまいますね。この「ほんのまくら」をきっかけに新しい作者、ジャンルと出会えるのは面白いかもしれません。もしかしたら人生を変える運命の本に出会えるかも

ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事



スポンサーリンク

コメント

  1. andy より:

    おもしろい企画ですね。私も好きな作家のしか手にとらないので・・・最近は読書すらあまりしないのですが・・・。
    新しいジャンルを読むのにいいですねー。

    • kamichiki より:

      andyさんこんにちは
      面白い企画ですよね。新しい本に出会うのによいきっかけだと思います。数行のまくら文ですが、結構惹かれる文章カバーがありましたよ。

トップへ戻る