ガンダムUC(ユニコーン)を観てみた。

ガンダムUC(ユニコーン)ガンダム世代のみなさんこんにちは。最近息子にテレビを占有され、ふてくされ気味の@kamichikiです。以前、ダイバーシティの等身大ガンダム立像を見て興奮した記事を書きました。そんな記事をみた同僚が、「ガンダムUC(ユニコーン)」のBDを貸してくれました。

このガンダムUCですが、時代設定が『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後ということで、初代ガンダムの登場人物やメカニックのも多く反映されています。その為、しっくりと入り込めました。

私はガンダムが好きといっても、所詮、内容を知っているのは初代ガンダム「1年戦争」のみでして、Zガンダム、ZZガンダムについてはあらすじ程度、それ以降のガンダムについてはよく知りません…。要はアムロ・シャアの存在が残っている話まではガンダムと思えるかな。という感じでした。

今回、観ているガンダムUCですが、小説化もされており「終戦のローレライ」や「亡国のイージス」のヒット作品を持つ福井晴彦。著者は「ターンエーガンダム」のノベライズ版も書いており、無類のガンダムファンらしいのです。確かに作品に登場する「ローレライシステム」って、ガンダムのニュータイプが使う「サイコミュ」ぽいですな。

今は、息子の邪魔を掻い潜りながら2巻まで観ました。第2巻のタイトルは「赤い彗星」いいですね~。ちょと、もみ上げの長いシャアを思わせるキャラクター(声はシャアです)が出てきたりと面白くなりそうです。

現在はBD/DVDが5巻まで発売されており間もなく第6巻が発売になります。最近の我家は、NHK教育番組やアンパンアン・トーマスなど流しっぱなしになっている状態。息子を寝かしつけた後、久しぶりに私の世代でも楽しめるアニメを見ています。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る