つくばエクスプレスの混雑緩和を願う

スピーフィみなさんこんにちは。毎日都内に出勤している、しがない普通のサラリーマン@kamichikiです。普通のサラリーマンであるからこそ日々の通勤時の違いが身に染みて感じるのですが、このところつくばエクスプレス(以下TX)の混みようが尋常ではなくなってきました。

私は毎朝7時45分前後の電車にのっているのですが、この時間帯は都内通勤者にはちょうどいい時間帯の電車のためか快速電車はえらい混雑しています。この”快速”は避けて後発の”各駅”で通勤読書をしながら通うようになったのですが、最近ではこの各駅電車の方も読書する余裕がなくなりつつある程混雑してきました。私が流山に引越しきた当時(4年前位)は、TXは揺れない・(事故等で)停まらない・混まないで、朝の通勤時間帯も快適だったんですけどね。

昨年辺りから、TXの車両増設に向けホーム拡張工事も南流山駅・三郷中央駅・秋葉原駅と始まっていますね。TX沿線上の開発はかなり早いスピードで進んでいます、これからも人口がどんどん増えるようですし、少しでも早く車両増設や要望があがっている東京駅延伸を進めて欲しいところですね。

TXの計画当初はJR東日本が運営する予定だったんですね。JRは惜しい事をしましたね。黒字転換は20年かかると予想されており、これがわずか5年余りで実現できたという事ですが、これはつくばエクスプレス線沿線の人気ぶりを象徴してますね。

記事抜粋
当初の計画ではつくばエクスプレス線は沿線自治体が出資して設立された第3セクターの首都圏新都市鉄道が建設し、開業後はJR東日本が列車の運行を行うこととされていました。しかし、郊外での新線では採算性に疑問が残るという判断により最終的にJR東日本はつくばエクスプレス線への経営参画を見送ることとなり、開業後の運営も首都圏新都市鉄道が担当することとなりました。このため、線路設備の規格はJRのものを基本としつつ、ホームドア・ATOによるワンマン運転など独自のシステムを取り入れており、安全性確保とコスト削減を両立していま す。

つくばエクスプレスの混雑緩和に向けた改良工事(2012年3月17日取材) – Reports for the future ~未来へのレポート~

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク

コメント

  1. Ryupapa より:

    そう言えばおおたかの森駅東口側で建設された、住友不動産のシティーテラス以降、
    おおたかの森付近で分譲マンションの建設が途絶えてしまってますね(建築計画の看板はありますが)
    戸建・賃貸マンション、アパートの開発は続いていますし、自分も早急に8両編成に(もっと先を見越して10両位は)
    してもらいたいです。
    ちなみに自分は45分の快速に頑張って乗っていますよ!時々46分、50分の普通にもなりますが・・・

  2. kamichiki より:

    Ryupapaさんこんにちは。言われてみれば、2年前位から、オーヴェルやクリアヴィスタ、シティハウス、シティテラスと大規模マンション建設ラッシュでしたね。うちもあちこちモデルハウスの見学に行ったものです。駅からは少し離れますがまだまだ、西側や北側・東側も広大な土地ありますよね。駅近でないので戸建て・アパート区域になってしまうのかな?

    Ryopapaさんはあの“魔の快速”に乗ってるんでか! :mrgreen: 私は挫折組みです。
    先を見越してのいきなり10両編成もありですよね。

トップへ戻る