よだれ対策。口筋力UP!万能体操「あいうべ体操」。

あいうべ体操みなさんこんにちは。インフルエンザが大流行しているようですね。A型、B型、花粉症が同時に罹患することもあるようです。最悪だとか・・・。仕事で大きなプロジェクトが進行中なのですが、会社でもインフルエンザ罹患は厳重管理。発症から復帰までDB管理されていましたw。

風邪やインフルエンザ予防に効果があるということで「あいうべ体操」が話題になっていました。実は別の理由で調べものをしていたら「あいうべ体操」に辿りついたのですが、これって相当な万能体操です。

息子が鼻炎のけもあるのですが、鼻が詰まる事が多く、鼻呼吸ができなく口呼吸をしているのです。そのせいで半口を開けている状態が多く、よだれもよく出てしまっています。遊んでいる時や運動している時も、こんな症状が続いていたので、ちょっと気になっていたのです。口をあけていたら力も入らないだろうにと。

ところが調べてみると、もっと重大で、口呼吸がもたらす弊害は大きく口腔内雑菌の繁殖によって引き起こされる免疫異常にまで発展するとの事です。更には、いびきや睡眠不足にまで。

そこで、口の筋肉を鍛えるトレーニングとかってなにかな?やっぱりガム?スルメ?と調べていて、たどり着いたのが「あいうべ体操」。この体操をすることで口呼吸から鼻呼吸への矯正が出来るとの事。しかも治療費用はゼロ。1日30セットを目安に継続して行うとよいとのことです。子供でも簡単にできちゃいます。

大きな口で「あ~」「い~」「う~」「べ~」とするだけです。(下図参照)
あいうべ体操

「あいうべ体操」で効果のあった症状として以下のようなものがあるようです。もう、万能体操ですね。

・アレルギー性疾患(アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、花粉症、アレルギー性鼻炎)
・膠原病(関節リウマチ、エリテマトーデス、多発筋炎、シェーグレン症候群)
・精神関連疾患(うつ病、うつ状態、パニック障害、全身倦怠感)
・消化管疾患(胃炎、大腸炎、便秘症、痔)
・その他(イビキ、尋常性乾癬、高血圧、カゼなど)

病気予防だけでなく、「顔のたるみ防止」や「小顔効果」など美容効果も高いとの事です!
我家でも子供達とお風呂に入った時に、楽しみながらやっています。なんですが、最初に私が間違えて「え」をいれて子供達に教えてしまった為、我家では「あいうえべ体操」となってしまっています・・・。ま、いいか。

インフルエンザ予防で話題!「あいうべ体操」で小顔・肥満防止・うつ予防・いびき改善! – NAVER まとめ

トップへ戻る