大好きじいじを独り占め。息子のお泊り会。

息子のお泊りみなさんこんにちは。私の世代位ですと、いとこが多く、じいちゃん宅にお泊りともなれば孫連中が10人近く集まったものでした。今の時代ではそこまでは集まらないですね。近くに従兄弟がいない息子、娘には寂しい気持があるかもしれませんが、今回は大好きなじいじを独占する為に息子が実家に初お泊りしてきました。

実家はさいたま市(旧大宮市)ですので、流山おおたかの森からアーバンパークライン1本でいけます。実家には何度も行っているのですが、お泊りはまだ経験していませんでした。楽しみにしていたこのお泊りのために買ったリュックサックに、なぜかおもちゃをパンパンに詰め込んでいまして・・・。着替えは私に持たせようという魂胆。こっそりおもちゃを半分出して着替えを詰めてやりました。

息子のお泊りまだ、一人でお泊りは無理との事で、私が付き添い。ママお娘はお留守番(息子の強制指令)なので、息子にとっては、ケンカする娘ちゃんもいなく、恐いママもいなく、大好きなじいじを独占とあってテンションは高め。

午前中はランバイクの練習会に参加していたので、電車に乗るなり爆睡。目覚めた時には実家最寄の駅で、全然電車旅を堪能していませんでした。ただ、春日部に着いた時には「クレヨンしんちゃんのかすかべ?」となかなかするどい質問。

実家に着くとまずは、ご先祖さまにお泊りのご挨拶。そんな事までできるようになったのかと感心していたら「チーン、チーンチーンチンチン。ぎゃはは~」と何度も繰返し、さっそく私に怒られる。

息子のお泊り

じいじと一緒にVR体験

夕食後は、息子とじいじ2人で長風呂。そのまま部屋で一緒に寝るのかと思いきや、寝るのはパパと一緒がいいと、結局息子の寝相の悪さで安眠できず。

翌日は、朝から勝負の息子君。4月から保育園のクラスアップやストライダー、スイミングでがんばっているアピールをし、じいじにおもちゃを買ってもらう交渉。なんとか交渉成立し、近所のショッピングモールで「ジュウオウジャー」のロボットを買ってもらいました。久しぶりのおもちゃゲットに大喜び。

昼食後は近所の公園で遊んで帰路になった訳ですが、帰際の駅では「じいじお泊り楽しかったね~」と、これまた、じいじキラーの決めセリフ。じいじはほくほく顔でしたが。

そして案の定帰りの電車も爆睡だった訳ですが、春日部では「かすかべってクレヨンしんちゃんの?」と・・・。どんだけクレヨンしんちゃん好きなんだよ。

※ちなみにこの「ジュウオウキング」。今までの合体おもちゃの中でもダントツでクオリティが低い。ご購入の際は注意を!たぶん将来的には大ロボットの一部になるからなんだろうけどあまりにも酷すぎる。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る