ネットを通して親同士で頼り合う「子育てシェア」。会員制コミュニティAsMama。

子育てシェア AsMamaみなさんこんにちは。我家の娘(2歳)と息子(4歳)と普段から元気満点で大病もないので少々育児サービスから意識遠ざかっていましたが、最近ではSNSを利用した「子育てシェア」なるサービスが人気あるようです。

流山市にも育児の援助に「ファミリーサポートセンター」はありますが、この「子育てシェア」の最大のウリは、同じ園や学校に通うママ・パパ友だちや顔見知りの友だちとつながって子どもの送迎や託児を頼り合うネットの仕組み。送迎・託児の解決件数は80%以上とのこと!

専用のアプリを使用してご近所さんやお友達に依頼を一斉に発信。都合があえば支援してくれるかたから立候補が届く。支援の謝礼は500円~700円/時間と設定されていて現金かクレジットカードで支払い。手数料等はかかりません。このクレジットカードが利用出来るというところも、現金でのやり取りで気を使わなくてよいところが好評のようです。

子育てシェアは顔見知り同士で子供の送迎や託児を頼りあうネットの仕組み。(頼る一方、支援する一方でも問題なし)
1.登録料・手数料は一切無料!
2.利用料は謝礼500円~700円/1時間(現金・クレカ可能)!
3.日本初!全支援者に保険適用!
4.顔見知り以外とはつながらない!
5.いざというときに頼れるママサポーターがいる!

まさに現在のSNSをフル活用したママさんならではの託児サービスですね。しかもAsMamaでは、この「子育てシェア」からは1円の収益も受け取っていないのだそうです。株式会社なのにですよ。収益は企業とタッグを組んで、子育てイベントを開催したり、企業のニーズ調査を行ったりすることで収益を得ているとの事です。

更には親子交流イベントも定期的に開催しており、それを元にご近所さんやお友達親子と仲良くなってママ友や子育てシェアしてくれるサポーターを増やすとの事です。素晴らしいアイデアとビジネスモデルですね。

今やSNSを利用して地域のコミュニティ情報を得ている方も多いのではないでしょうか。Facebookを利用しているかたならイメージつきやすいかもしれませんね。流山市はDEWKsが多いので、まさにうってつけのサービスではないでしょうか。

昔からの「地域で子育てを行う」ということが、新しい切り口で復活しそうですね。AsMamaでは今度、シルバー世代や介護に向けても同様なサービスに取り組んでいくとのことです。

【子育てシェアの使い方や支援の流れを紹介している動画です】

送迎・託児を顔見知り同士で頼り合う「子育てシェア」の運営と地域の親子が出会う・つながる親子交流の場づくりをしています。
「お迎えの時間に間に合わない!」「数時間留守にしなきゃならないのに、子どもの預け先がない…」そんなママ・パパの『困った』を、顔見知り同士ワンコインから頼り合える「子育てシェア」。この仕組みをつくり、誰
トップへ戻る