「悔しい涙、嬉しい涙」4歳クラス最後のランバイクレースに参戦。

RCS第5戦みなさんこんにちは。先週末はランバイクレース2連戦してきました。まもなく5歳になる息子くんには先週末が4歳クラスで出場できる最後のエントリー。東京サマーランドで行われた日本最高峰のシリーズレース「RCS第5戦」と、最後は豊島園で開催された「ストライダーエンジョイカップ バットマン&スーパーマン」に参戦してきました。

RCS(ランバイクチャレンジシリーズ)第5戦

真夏の陽気になりました週末。まずは5月22日の土曜日に開催されたRCS第5戦。もりぽっくるから、息子くん4歳とチームメイトのお友達3歳が参戦してきました。

RCS第5戦【4歳Boysクラス:息子くん】
予備予選:4位
本予選:5位(4UP)
敗者復活:3位(2UP)

4歳クラス最後のRCS。予備予選で4位と好発進。本予選では、準決勝出場枠の4位まで追い上げ、このまま最終コーナーを周ってゴールすれば念願準決勝進出。と思った瞬間、強引なインへのライン変更⁉︎。バイクでいう「アウトインアウト」が「アウトインイン」のよいなラインに、そのせいでバランスを崩し後続選手にパスされてしまう。ゴール前の直線で追い上げるもタイヤ半個分追い付かず・・・。

息子くんの最終コーナーの不可解なライン変更。どうやらママの指示だったらしい。「コーナーでインを開けるな!」が、それを忠実に守ったが為に裏目に出てまったようです。 これでチャンスの流れが遠のいたか、続く敗復では2位走行ながらも2コーナー目をミスってしまい3位でゴール。スルリと準決進出がこぼれてしまいました。

「息子くんのチャンスを潰してしまった・・・」と、ママは帰りの車で落ちに落ち込んでいました。

猛省、ひたすら猛省です。ママは、きっとストライダー以外でも、子どもにとって余計な言葉をかけているのだろう。親の良かれと思う一言は、大抵子どもにとって、大きな大き過ぎるお世話だなー。息子くんのチャンスを潰したのがママで、暫く凹むわ…。この猛省を子育てに生かしていくしかないね。受験・就職・結婚の時(気が早い)とか、ママはお口チャックしといた方が平和だな。(ママ談)

ストライダーエンジョイカップ豊島園 バットマン&スーパーマンステージ

ストライダーエンジョイカップ豊島園」

そして、翌日5月22日。「ストライダーエンジョイカップ豊島園」に、もりぽっくるから息子くんと娘ちゃん、チームメイトの2名が参戦。息子くんの4歳クラス最後のレースは楽しくと思い「バットマン&スーパーマンステージ」にエントリー。ところが蓋を開けてみるとエキスパート選手がゴロゴロ。3歳クラス140名、4歳クラス100名近くがエントリーしている大きな大会でしたが、息子くんが、昨日の悔しさを跳ね飛ばすような好走を見せてくれました。

ストライダーエンジョイカップ豊島園」【3歳クラス:娘ちゃん】
予選:10位?くらい
敗者復活:12位

暑い中、バットマンマントをなびかせ快走。昨日のRCSに参戦しなかったせいか、「娘ちゃんもストライダーした~い」と朝から嬉しい発言。3歳クラスアップして一ヶ月。まだまだ月齢の高い子達にはかないませんでしたが、誰よりもバットマンマントが似合っていましたw。障害物にちょっと手こずりましたが、ニコニコ楽しそうに走ってくれました。本能覚醒はまだかな~。

ストライダーエンジョイカップ豊島園」【4歳クラス:息子くん】
予選:2位(4UP)
準決勝:3位(3UP)
決勝:4位

障害物のある極狭コース。ほぼ1コーナーの進入勝負。4歳最後なのでアドバイスはなし!自分で考えて楽しく走ってこい!で送り出す。予選は2位でクリア。そして準決勝、スタートダッシュも良く1コーナーに向かっていくラインもいい。障害物を上手くクリア出来て3位でゴール。決勝進出!

猛省中のママは、声を枯らす程の応援。そして息子くんの決勝進出に涙・涙・・・。昨日の汚名を息子くんが晴らしてくれた事がとても嬉しかったようです。

迎えた決勝戦。チーム☆NPのお友達3人全員が決勝の場で戦うことに。グリッドは最悪の大外。絶対的エースのお友達は最内グリッドだし、他の選手もみんな速そうだよ・・・。こうなると、もう親なんて背中を押すだけ。かける言葉もないです。どうするか(したいか)なんて選手本人が一番分かっているだろうからね。

スタート後はあっという間に3選手がロケットダッシュ。息子くんは大外からも上手いライン取りで2番手グループで走行。障害物を通過するたびに少しづつ順位を上げグループの先頭争いに。一本橋の障害物を内側を選んでインをつき4位に順位をあげる。そのまま後続追従を抑えゴール。

表彰台には一歩届かなかったけれど、4歳で練習してきた事が、最後の最後で全て出し切れたと思います。

という事で、4歳クラス最後のレースは十分な「有終の美」で飾れました。5歳クラスは本当にエキスパートの集団。今後のレース参戦は息子くんと話しながら決めていきたいと思います。

そして、今回は涙したのはママで、「苦やし涙」と「嬉し涙」を連日でしたのでしたw。

両日とも素晴らしい大会でした。企画・運営の関係者様ありがとうございました。エンジョイカップの「スーパーマン&バットマン」楽しいから続けて欲しいな。次回は「アイアンマン&キャプテンアメリカ」なんてどうでしょう?

RCS – ランバイクチャレンジシリーズ  | Runbike Challenge Series ランニングバイク、ストライダーのレース


ストライダーエンジョイカップ

トップへ戻る