「わにわに」の絵本で観察力発揮。

わにわにいたーっ!みなさんこんにちは。妻の親戚の方から息子の為に「わにわに」の絵本シリーズを頂きました。しかもコンプリート版。九州の小倉で保育園の園長をしている方からで、なんでも子供達に熱狂的に人気のある絵本らしいのです。妻が「わにわに」シリーズを読み聞かせながら息子を寝かせつけるのですが、「わにわにのおでかけ」の本を読んだときに息子が素晴らしい観察力を発揮してくれました。

息子の為にと頂いた「わにわに」の絵本シリーズ。子供達にとても人気のある絵本のようです。内容はワニが人間のような日常生活を送る中での出来事を題材にしているのですが、正直、大人が読むと普通なんです。普通どころか話の落ちもないし、読み終わった後、だから何?という感じなんです。ある意味主人公はワニでなくて、どの動物に置き換えても物語は成立してしまうくらい。

ところが、不思議なもので、このワニが段々と魅力的になってくるようなのです。妻が寝かしつけの時に息子に読んであげているのですが、最近では妻が「わにわに」の魅力にハマってしまっているよう。このワイルドなワニが可愛くてしょうがなくなるようなのです。

わにわにいた?

そして、シリーズ中の「わにわにのおでかけ」という物語を読んでいた時、絵本の見開きいっぱいに、お祭りのシーンが細かに描かれていたのです。わにわにが、お祭りに出かけていったというシーンですね。息子に「わにわには、どこにいるでしょう?」と質問したら、じぃ~と見つめた後、米粒のように描かれている箇所を指差しました。そこは、お面を売っている屋台で、確かに並ぶお面の中にわにわにのお面があったのです。してやったりと満足げな表情の息子。

妻としては右下に描かれている大きい方のわにわにを指差すと期待していたようで、逆に見直したようです。確かに次ページにお面屋台の拡大絵が描かれていて、わにわにのお面がありました。

集中力というか観察力があるのかないのか。ただ、息子は満足な感じで気持ちよく寝てくれたのでよかったですが・・・。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク

コメント

  1. andy より:

    わにわにの絵本、先日保育園の保護者会のときに、保育園の先生がおすすめしていました。
    2歳児が先生の絵本の読み聞かせを聞いている写真は、みんなでわにのまねをして、あーっと口をあけていて、釘付けって感じでしたよ。私も欲しいなあと思っていたところでした。
    こどもの絵本の着目点は感心しますよねー。細かいところまでよく見ていますよね!

    • kamichiki より:

      andyさんこんにちは
      わにわにの絵本やはり人気あるんですね。最初は、グロテスクなイメージなんですが、みているうちに愛嬌がでてくるようです。
      ほんとどうでもいいような内容なんですが、不思議と子供人気が高いようですね。

トップへ戻る