読み聞かせ王道絵本、「うんこ!」。

読み聞かせ王道絵本「うんこ!」みなさんこんにちは。男子の永遠のテーマ「うんこ」と「ちんこ」。男の子はこのふたつの言葉なぜか大好きですよね。うちの息子ももれなく大好きです。まだ、二語文がやっとの息子ですが、おちんちんを指差しては「ちんちん」と言ってはしゃいでいます。おしっことうんちは、まだ同じで「チッチ」なんですよね。ただ、股間かお尻を指差すのでどちらが出たかは教えてくれるようになりました。

毎年、誕生日に絵本をプレゼントするのですが、今年の絵本は「うんこ!」直球ストレートな題名!妻が、「本屋でいい絵本見つけた!どんなだと思う?パパ好みだよ」というので、「うんことかおちんちんの本?うんこの大冒険みたいな。」と答えたら。「げっ!なんでわかったの?知っていた?」

男子の王道は「うんこ」か「おちんちん」である。しかし、当てずっぽうで言ったのだが本当にそんな絵本があるのね。しかも本帯には「いまや、読み聞かせの王道絵本!」など書かれています。

内容は犬のうんちが、みんなにクサイクサイ言われて旅に出て、しまいには農家のおじさんに気に入られ畑の肥やしになってよかったね、めでたし、めでたしな話。しかも、会話はうんこ駄洒落のオンパレードなんです。このような内容の本が絵本として成立し人気を博すなんて不思議なものです。

寝かしつけの時にうんこの話するのもなんですが、息子は結構気に入っているのでいいのかな。そろそろトイレトレーニング始めようかな。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る