冷房病対策「夏用スリーパー」。

おそろいの夏用スリーパーみなさんこんにちは。梅雨が明けましたね。暑い!暑い!暑い~っ!暑いのが苦手な@kamichiki家です。朝の天気予報では目を疑うような関東地方の気温が表示されていました。梅雨が明けたとたんに「猛暑日」です。専門家によると「今夏は1000年に一度の“千年猛暑”になるかも」と予想されているようです。

家の中ではもちろんエアコンがフル稼働なのですが、赤ちゃんがいるため「冷房28度」設定。この推奨される「冷房28度」って設定はいったい何?私にとっては殆ど効いていない状態。なのにこの環境で、息子には鬼ごっこをしようとせがまれ部屋中走り回させられるし、もう汗だくです。

夜も同じエアコン設定なのでやはり寝苦しいのですよ。私の寝ている場所は、ちょうどエアコンの真下なので冷風の恩恵を受けられず、かといって寝る場所を変えようとすると息子が激しく怒るのです。「パパのネンネはここ!」みたいに。変なところで几帳面なんですよね。もっと臨機応変な性格になって欲しいもんだわ。

とは言いつつも、寝不足は翌日の体調と仕事に支障をきたす訳で、少しでも涼しい環境で寝かせてもらう為に、息子と娘には「夏用スリーパー」を着用してもらうことにしました。いわゆる「かいまき」のようなものですね。息子は新しい服を買ってもらったと勘違いしてか喜んでいましたけど・・・。

梅雨明けの猛暑の二日間は、ほぼ家の中に引きこもり。日が落ちてから買い物に行ったり、夕食後に近所の公園にみんなで散歩に行ったりと「もぐら生活」な一家なのでした。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る