「ロボカーポリー」で交通ルールを学ぼう!

ロボカーポリーみなさんこんにちは。息子も2歳を過ぎて活発に走り回るようになってきました。我家の近所は比較的車の通りの少ない場所ですが、駅前の開発や道路整備が進むにつれて交通量も増えてきました。「道路では手を繋ぐ」を前提に、最近は信号の見方を教えています。「はーい」とか返事はするのですが、たぶんわかってないんだろうな。

息子は、バスやトラック、重機などに興味を持ってきていますので、大通りや工事現場に興味津々なのです。そして、それらが目に入るとどうしても近寄って行きたくなるようなんです。

「ブッブー(車)にぶつかると痛くてピーポー(救急車)に連れて行かれちゃうよ」と話すと、「ブッブー、イターイ」とは言うものの理解できているのかはハテナです。息子の場合はどちらかというと「ピーポーに連れて行かれる」方が脅威のようです。信号でも「青い人になったらゴーゴー」、「赤い人の時はきおつけピッ!」と、一応は教えているのですが・・・。返事だけはいいんですよね。

さて、そんな交通ルールを覚えるのに最適なアニメがありました。「ロボカーポリー」という韓国のアニメなのですが、コミカルな自動車がロボットに変身しピンチを救うという内容。最初は「トランスフォーマー」みたいなものだと思っていたのです。ところが、よく見てみると交通ルールをアニメで学ぶという素晴らしいコンセプトな動画でした。

しかも、この「ロボカーポリー」ですが、息子がYouTubeで見つけてきたものなのです。どうやらYouTubeの関連動画を辿って見つけたらしく、閲覧履歴には「ロボカーポリー」の動画が並んでいました。そして、原作なので全て韓国語でした。

調べてみると日本語吹き替え版が今年の4月からがテレビ東京で放送されていました。早速、録画予約。今週末は大画面で「ロボカーポリー」を見ることができるので喜んでくれそうです。このアニメを通して少しでも交通ルールを学んでくれたら嬉しいですね。

あにてれ:ロボカーポリー

コメント

  1. andy より:

    youtubeで何やら探してきますよね!うちは最近は、トイストーリーとモンスターズインクです!画像によっては英語の場合もあります。聞いたことがない会話は『英語だ』というようになりました。。。
    ロボカーポリーチェックしてみます。どうやって行き着いたのでしょうね!!

    • kamichiki kamichiki より:

      andyさんこんにちは。
      「トイストーリー」と「モンスターズインク」面白いですよね。私はディズニー映画のなかで「トイストーリー」が断然一番です!先日、放送されていた「モンスターズインク」息子と一緒にみましたよ。よく観ていたので面白かったのではないでしょうか。

      ロボカーポリーチェックしてみて下さい。YouTubeにあるのはほぼ韓国語ですが、テレ東で吹き替え版が放映されています。15分と放送枠は短いですが。

      最近の息子のiPad使いには驚かされます。各iPhoneを指差して「パパの~、ママの~」と言うのですが、iPadは「○○(名前)の~」と言うようになりました。寝る時に小脇にiPadを抱えてベッドに向かう姿はちょっと異様です。

トップへ戻る