「野々下水辺公園」で残暑涼み。

こんこんと水が湧き出すみなさんこんにちは。トイレから息子の悲鳴が聞こえたので駆け寄ってみると、トイレ一面水浸しになっていました。どうやらトイレ中にウォシュレットのボタンを押したらしくお尻に水が当たってびっくり!慌ててトイレから逃げでてきたようです。このせいでトイレ嫌いにならなければいいのですが・・・。

今日は夏の日差しがぶり返し関東では再び猛暑日になりました。熱射病注意報がでていたのでお家でのんびりテレビ。お昼寝から起きた息子が、外に遊びに連れて行けの催促をするので、以前から気になっていました「野々下水辺公園」に遊びに行ってきました。この公園は、利根川の水を引いている北千葉導水路の地上部に、導水の一部を利用して小川の雰囲気を再現した公園です。

整備された公園です。もう、「素晴らしい!」のひと言。今年の夏は猛暑続きだったので、お家プールの出番が多かったのですが、やはり気になるは水道代。しかも水不足というのに、息子は好き勝手シャワーを使いまくるし。この公園に通えばよかった・・・。

公園といっても遊具も何もありません。小川が流れているだけの小さな公園です。小川の起点部分からは昏々と水が湧き出しています。私達は16時ころに遊びに行ったのですが、川で泳いだり遊んでいたりするお子さんがたくさんいました。その傍で親御さん達はディレクターチェアに座って涼んでいます。

いやあ、はっちゃけますね。(私が・・・)

私の子供の頃は、まさにこんな環境で遊んでいました。しかもリア川ですから。今では考えられないですが、昔は川で泳いだりザリガニ捕りしたりしていましたからね。もう、嬉しくてワクワクですよ。さっそく息子を水着に着替えさせて川の中で一緒に遊びました。

整備された小川ですので、どこも膝下位までしか深さはありません。水が湧き出している付近だけが少し深く(50cm位)なっているので注意してください。私がはまってズボン濡らしました・・・。

川遊びまた、園内に流れる水は消毒されていないので、お子様が飲まないように注意してください。駐車場は基本的にはありませんが、みなさん公園の周りに停めていました。路駐?になるのですが、キップ切られるような場所でもありませんけど。

とにかく雰囲気のよい公園ですね。特に夏には水遊びができていいです。ここなら、テント張ってプチキャンプできたら面白そうですね。

流山散歩 – 野々下水辺公園

トップへ戻る