白銀ジャック:東野圭吾

著:東野圭吾

【あらすじ】
ゲレンデの下に爆弾が埋まっている窶披髏

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!

【感想】
まさに痛快!単純に面白いです。さっぱりした感じのサスペンスですね。複雑な殺人トリックではなく、身代金受け渡しのトリックですゲームの名は誘拐 (光文社文庫)に似てるかな。スキー・スノボをする人には臨場感がたまらないかも。サスペンスという切り口と、スノースポーツという切り口どちら側から見ても面白いかも。実際、スキーやスノボをする私は、読み終わった後非常にスノボがしたくなった(笑)これ、映像化されたら面白いかも。しかも、「私をスキーに連れてって」みないなスキー・スノボのテクニック映像バンバン入れたやつ。

コメント