ピース:樋口有介

著:樋口有介

【あらすじ】
埼玉県北西部の田舎町。元警察官のマスターと寡黙な青年が切り盛りするスナック「ラザロ」の周辺で、ひと月に二度もバラバラ殺人事件が発生した。被害者は歯科医とラザロの女性ピアニストだと判明するが、捜査は難航し、三人目の犠牲者が。県警ベテラン刑事は被害者の右手にある特徴を発見するが…。

【感想】
「この本のカバーの絵をよく覚えていてください・・・」
書店で平積みされていて店長オススメになっていたので手に取りました。また、場所背景が秩父が設定されていたので耳にした地名もでていたので・・・初めて読む作家さんでしたが、猟奇的連続殺人が題材なのですが秩父という設定のせいか担当刑事のキャラクターのせいか、のんびり進行していく感じでした。個性的なキャラクター達のサイドストーリーも細かく描かれており情景がイメージしやすかったです。今度他の作品も読んでみたくなりました。

コメント