スポンサーリンク

99%の誘拐:岡嶋二人

著:岡嶋二人

【あらすじ】
末期ガンに冒された男が、病床で綴った手記を遺して生涯を終えた。そこには八年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして十二年後、かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その犯行はコンピュータによって制御され、前代未聞の完全犯罪が幕を開ける。第十回吉川英治文学新人賞受賞作。

【感想】
当時のコンピューター技術を使ったトリックは素晴らしいの一言。ただ、IT時代は進化が早いですね。今読むとちょっと古臭さを感じてしまいます。新しいIT技術を利用したリメイク版がみてみたい。
[amazonjs asin=”4062747871″ locale=”JP” title=”99%の誘拐 (講談社文庫)”]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ブログランキングに参加しています。
クリックして応援お願いします!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ

通勤的読書
40papa

コメント

タイトルとURLをコピーしました