天空の蜂:東野圭吾

著:東野圭吾

【あらすじ】
奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき……。驚愕のクライシス、圧倒的な緊追感で魅了する傑作サスペンス。


【感想】
東野圭吾ぽくないジャンル作品でしたが、さすがです。原発を題材にした内容で、震災後リアルタイムで起こっている放射能問題や発電所の仕組み等がわかりました。敦賀の原発付近も実際に行ったことがあり、場所のイメージが想像できてのめりこめました。飛行中のヘリコプターからの子供の救出劇は白熱ものです。

コメント