ストロベリーナイト:誉田哲也

著:誉田哲也

【あらすじ】
溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。

【感想】
久々の面白い警察サスペンスものでした。ただ、あまりにも猟奇的な殺人描写にこの手のサスペンスに慣れている私でも、気分が悪くなるようなシーンも…。初心者は心して読んだほうがいいですよ。そんな中でも、個性的なキャラクターが多い中、ちょっとふざけた感の井岡巡査長がいい味を出していて、全体が重くなりすぎなくならないようなよいバランス役になっています。しかも、事件の解決に導くキーキャラクターなんですよね。

コメント