通勤的読書

通勤的読書

ロスジェネの逆襲:池井戸潤

著:池井戸潤【あらすじ】ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込...
通勤的読書

ルーズヴェルト・ゲーム:池井戸潤

著:池井戸潤【あらすじ】 「一番おもしろい試合は、8対7だ」野球を愛したルーズヴェルト大統領は、そう語った。監督に見捨てられ、主力選手をも失ったかつての名門、青島製作所野球部。創部以来の危機に、野球部長の三上が招いたのは、挫折を経験したひと...
通勤的読書

紙の月:角田 光代

著:角田光代【あらすじ】わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が約1億円を横領した。梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。梨花は果たして逃げ切れるのか?―自分にあまり興味を抱かない会社員の夫と安定した生活を送っていた、正義感の強い平凡な主...
通勤的読書

永遠の0 :百田尚樹

著:百田尚樹【あらすじ】「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、...
通勤的読書

下町ロケット:池井戸潤

著:池井戸潤【あらすじ】佃航平は宇宙工学研究の道をあきらめ、東京都大田区にある実家の佃製作所を継いでいたが、突然の取引停止、さらに特許侵害の疑いで訴えられるなど、大企業に翻弄され、会社は倒産の危機に瀕していた。
通勤的読書

モンスター :百田 尚樹

著:百田 尚樹【あらすじ】 田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額を...
通勤的読書

ジェノサイド :高野和明

著:高野和明【あらすじ】 急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研...
通勤的読書

夜を守る :石田衣良

著:石田衣良【あらすじ】上野・アメ横。冴えない青春を送る四人が、街を守るために立ち上がった!失踪した相棒を捜すダンサー、引きこもりのイケメン、嫌がらせに悩むヤクザ、商店街を脅かす“ハイカラ窃盗団”…。メインストリートの守護天使たちが遭遇する...
通勤的読書

オレたちバブル入行組/オレたち花のバブル組:池井戸潤

著:池井戸潤【あらすじ】『オレたちバブル入行組』大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかな...
通勤的読書

魔法使いの弟子たち(上・下巻) :井上夢人

著:井上夢人【あらすじ】山梨県内で発生した致死率100%近い新興感染症。週刊誌記者の仲屋京介は取材中に感染してしまう。感染者は400名近くに膨れ上がり、死者も続出。結果、“竜脳炎”感染者で、意識が戻ったのは京介を含めた三名だけだった。隔離生...
通勤的読書

不祥事:池井戸潤

著:池井戸潤【あらすじ】事務処理に問題を抱える支店を訪れて指導し解決に導く、臨店指導。若くしてその大役に抜擢された花咲舞は、銀行内部の不正を見て見ぬふりなどできないタイプ。独特の慣習と歪んだ企業倫理に支配された銀行を「浄化」すべく、舞は今日...
通勤的読書

死神の精度:伊坂幸太郎

著:伊坂幸太郎【あらすじ】(1)CDショップに入りびたり(2)苗字が町や市の名前であり(3)受け答えが微妙にずれていて(4)素手で他人に触ろうとしない。そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。1週間の調査ののち、対象者の死に可否の判...
通勤的読書

真夏の方程式:東野圭吾

著:東野圭吾【あらすじ】夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で過ごすことになった少年・恭平。一方、仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊することになった。翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を...
通勤的読書

聖女の救済:東野圭吾

著:東野圭吾【あらすじ】男がその言葉を口にしたとき、女は最後の決意を固めた。あの白い粉の力を借りるときがやって来た――。IT会社社長の真柴義孝が自宅で変死体となって発見された。死因は毒物による中毒だ。草薙刑事は被害者の愛人だった若山宏美を第...
通勤的読書

図書館戦争:有川浩

著:有川浩【あらすじ】2019年。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、日本はメディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げていた。笠原郁は、図書特殊部隊に配属されるのだが……。
通勤的読書

SOSの猿:伊坂幸太郎

著:伊坂幸太郎【あらすじ】家電量販店の店員・遠藤二郎は、イタリアで修行した「エクソシスト」というもう一つの顔を持つ。遠藤は他人の発する「SOS」を見過ごせない性格だった。ある日、知り合いの「辺見のお姉さん」にひきこもりの息子・眞人の悪魔祓い...
通勤的読書

カラスの親指:道尾秀介

著:道尾秀介【あらすじ】「こうしてると、まるで家族みたいですよね」“詐欺”を生業としている、したたかな中年2人組。ある日突然、彼らの生活に1人の少女が舞い込んだ。戸惑う2人。やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。...
通勤的読書

天地明察:冲方丁

著:冲方丁【あらすじ】江戸時代前期、それまで800年にわたり使用されてきた暦の誤りを見抜き、「日本独自の暦」を作り上げた渋川春海(安井算哲)。彼が、数々の挫折を繰り返しながら、改暦の大事業に挑む姿を描く青春エンタテインメント。