スポンサーリンク

新設開校の柏の葉中学校、制服にジェンダーレス対応。

Students in a schoolみなさんこんにちは。@kamichikiの年代といえば、中学生の時は、短ラン、ボンタンなどの制服に憧れたものですね。ビーバップ世代ともいうのでしょうか。昔は大宮駅のそばの「ダイマル」で、ノーマルよりちょい太めのズボンを買ったなぁ。ツータックとか懐かし~。

さて、先日なかなか衝撃的なニュースが流れました。「4月に新たに開校する千葉県柏市立柏の葉中学校が、性別を問わない「ジェンダーレス」対応の制服を導入する」というニュース。早くもあちこちで賛否両論が勃発しております。

そもそもこの「ジェンダーレス」という定義が、おじさんにはよく理解できないものであります。調べてみると『身体の性別らしい方を使うことが社会からは期待されます。この、社会から期待される男性らしさ・女性らしさを超えたスタイルが「ジェンダーレス」というものなのです。』・・・。ひとことで言えばこれも一種の「多様性」なのでしょうかね。

良くも悪くも中学生といえば多感な世代。日本は集団から外れると異物(質)とみなされることが多い国ですので、とってもデリケートな領域ですね。性別に関係なく自分のスタイルというのであれば、私服でもよかったのでは?と思う次第であります。

こういう時代になっていくと、子育ても難しくなっていくなぁ。

4月に新たに開校する千葉県柏市立柏の葉中学校が、性別を問わない「ジェンダーレス」対応の制服を導入する。体の性と心の性が一致しない性同一性障害など性的少数者の生徒らが、制服の違和感に苦しまないようにとスラックスやスカートなどを選択できるようにした。
市がオーダーしたのは、性別の差を極力なくすジェンダーレス制服。スカートかスラックスを選択でき、襟元もリボンかネクタイの2種類を用意。合わせて4種類の組み合わせを自由に選べるようにした。おしゃれの一環とすることで、誰もがストレスなく着られる制服を目指している。
今話題!ジェンダーレスとは?〜ジェンダーレス男子・女子を紹介!〜
LGBT関連の記事一覧。基礎知識からイベントレポート、セクマイ映画や小説レビューも。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180206-OYT1T50016.html

コメント