親子のキズナ。涙・涙の「第1回ピーナッツカップ」。

第1回ピーナッツカップみなさんこんにちは。先週末は千葉県のランバイクチーム4チームが主催となった「第1回ピーナッツカップ」が開催されました。当日は穏やかな天気に恵まれ、千葉県4チームのメンバーのほか、県内在住のランバイクキッズに多数エントリーを頂き大盛況な大会となりました。

今回は、今までのレース参戦と同時に大会運営もメインに行いましたので、その目線で記事にしてみます。子供達の活躍については「もりぽっくる」のFacebookでレース報告しますね。

ピーナッツカップ千葉県ランバイクチームのFacebookグループに「千葉県民限定のレースしたいなぁと。その名も『ピーナッツカップ』w」なんて、あるチームのパパさんの投稿があがり、そこからあれよあれよという間に決まったこの大会。約1ヶ月という短い準備期間でしたが、各チームのパパさんママさん達が精力的に動き、26日にフクダ電子アリーナの特設会場にて無事開催されました。

私が担当させていただいたのは、「ピーナッツカップ」のロゴデザインやブログの監修、それと当日のカメラマン。チーム(もりぽっくる)のパパさんママさんには広報活動や当日の運営補助などのたくさんのお手伝い。

ピーナッツカップロゴはインフルエンザ休中に考えました。病中で邪念が消えていたせいか良いものが描けたかな。大会当日、自分がデザインしたロゴの入ったトロフィーやステッカーなどをみた時は感慨深いものがありました。デザインを形にしてくれた、たくさんの協力者の方々に深謝です。

そして当日はカメラマン。こちらは、趣味にも及んでいないカメラ技術。普段、遊んでいる子供達を撮ってるだけのレベルなので超プレッシャー。だけど、こちらもたくさんの協力を得てなんとか乗り切れました。今回カメラマンをして思ったことですが、子供達も、親達も本当に良い顔をしていた事。撮りきれない感動のシーンが多かったことが本当悔やまれました。

未就園児(2歳)クラスでは、初レースやレース経験の浅い子供達をゴールで迎える親御さんが本当に良い顔をしていました。長いコースを一人で走ってゴールに帰ってくる。わが子の成長を感じ、なかには人目を憚ることなく目を赤く腫らしているパパママもいました。

ピーナッツカップ未就園児(3歳)クラスになると子供達の顔が眩しい。ランバイクに慣れてきているので笑顔で楽しそうに走る子が多かったです。その反面親達は必死の形相での応援でしたけれどねw。うちの娘ちゃんはガールズクラスで走れたので女の子と走れて楽しかったようでニコニコでした。

年少クラスでは、ランバイクの技術を切磋琢磨している姿が見て取れました、年中年長さんにも負けず劣らずのコーナーリングで駆け抜けていく姿がみれました。

年中・年長クラスになると、子供達はアスリートの目をしています。スタート台ではすごい気迫で集中。レース中は本人達の意思を尊重するのみなんです。親の介入なんて一切なし。ゴールエリアでは敗退から悔し涙を流す選手がたくさん。特に年長さんは、まもなくランバイクレース引退となる事から、ゴールエリアで親子で抱き合うシーンもあり感動的でした。

ピーナッツカップチーム対抗リレーでもドラマが、第一走者の転倒で最下位になってしまったチーム。転倒してしまった選手は責任を感じてか大号泣でしたが、同チームメイトに励まされるシーンも。ちゃんと仲間を思いやれる心も育っています。(これマジでもらい泣きでした)

そして、全レース終了後、年長さんにはランバイク卒業セレモニー。卒業証書を渡すシーンでは、ママさんが感極まって涙・・・。その周りでも、もらい涙・・・。

運営者側に携わると、大会全体を追うことにになるので、各クラスで様々なドラマが起こっているのがわかりました。本物のカメラマンてこれらを冷静に撮影しているものなのかな?最近涙腺がめっきり弱くなった@kamichikiには、なかなか酷なカメラマン体験となりました。

ピーナッツカップブログ
ピーナッツカップ実行委員会さんのブログ「ピーナッツカップブログ」です。最新記事は「第1回ピーナッツカップ 写真公開のお知らせ」です。
千葉のストライダーキッズ集まれ!千葉県民限定「第1回ピーナッツカップ」開催。
みなさんこんにちは。先日ストライダーに関するレース情報を投稿しました。ストライダーが乗れるようになっ...
関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る