桃汁ブシャー!!ピーチ姫大喜び!「福島県桃狩り漫遊記」。

あづま果樹園みなさんこんにちは。我家の娘ちゃん、「桃」が大好きなんです。でもね。食べるのが好きと言う感じでなく、見た目や「もも」という響きが好きなようです。保育園でのマイマークも「桃」のシールなのでご機嫌。好きな食べものは「もも!」と元気よく答えるくらいなんですが、本物の「桃」は、食べたことがないんですよね。

先週末は福島県の「ふくしまスカイパーク」で開催されたランバイク大会に出場する為に、まえのりで飯坂温泉に行って来ました。福島県といえば、この時季目指すは「もも狩り」。福島市付近にはフルーツラインなる街道がありましてこの時季は「もも狩り」が出来る果樹園がたくさんあるのです。息子も娘も初めての「桃狩りに」大はりきりです。

ジンギスカンその前に腹ごしらえということで、「アサヒビール園四季の郷」に向かいます。こちらの施設内にあるレストランではジンギスカンが食べられるのです。昔、この施設横のキャンプ場で毎年のように「芋煮キャンプ」をしていたのです。もちろん、ここのジンギスカンも食べたことがあったので味のほうは保証済み。

さすがに混んでいましたが、無事ランチで美味しいジンギスカンを食べられました。肉の匂いと音に「我慢できない!」と妻はビールを注文。罪悪感を感じてなのかノンアルビールにしていました。園内の施設も昔に比べかなり充実されていました。水遊び場や遊具、フットサル場?も出来ており、これらの施設が無料で利用できるとは素晴らしいですね。たくさんの親子連れで賑わっていました。

初めての桃狩りさて、食後デザートの「もも狩り」に出発です!数ある果樹園の中の「みちのく果樹園」にきましたよ。30分で大人:860円、子供:640円です。意外と安いんですね。息子も娘も大喜びで桃を採っては食べていました。30分・・・。十分です。甘くてジューシーな桃はすぐにお腹満たされます。息子も娘も洋服べちょべちょになりながらも喜んでいました。

飯坂温泉よく食べよく遊んだ後は今宵の宿、飯坂温泉に向かいます。古きよき昭和の温泉街という感じですね。宿は飯坂温泉駅前の「つたや旅館」。なんでもじゃらんポイントとかを駆使して格安で予約できたとか。さっそく、子供達は甚平に着替えて夕方の温泉街を散歩。街中には趣のある外湯や足湯施設もあり雰囲気の良い温泉街でした。

翌朝。夜中に雨が降り雨のレースになるかと心配しましたが、天気予報をすっかり裏切り天気も回復してきました。レースは11時からなので午前中の時間潰しをどうしようかと考えていると、息子も娘も「もも狩り!」との威勢のいい提案。「え!昨日あんなに食べたじゃ~ん」という言葉も通用せず・・・。時間の関係もあったので、再び「もも狩り」へ。今日は「あづま果樹園」へ向かいます。値段は30分大人800円と子供600円。相変わらず安いです。

飯坂温泉足湯バスで桃園まで送迎され30分勝負。「何コレ!大きい!甘い!美味し~い!」と言ったのは私と妻。昨日の桃も美味しかったのですが、こちらは更に美味しい。種類が違うのかな?夢中でがぶりつき30分経たずにギブアップ。大きな桃を5個は食べました・・・。げふっ。しかも、こちらは桃園までバス送迎だったので迎えに来るまで帰れず。係りの人も「いいのいいの、もっと食べて食べて」と、結構時間にいい加減な感じでしたw。

福島の桃、めちゃウマです!シーズンは始まったばかりなので、福島に来る機会がありましたら「桃狩り」絶対オススメですよ!

農村地域の活性化を目的とする公園、福島市農村マニュファクチャー公園四季の里の公式ホームページです。施設のご利用案内、園内で開催されるイベントの情報、花の開花情報などをお届けいたします。
福島市のフルーツライン沿いにある『あづま果樹園』です。 ◇◇◇くだもの狩りと季節の想い出を◇◇◇ 【あづま果樹園へようこそ~あづま果樹園日記~】
トップへ戻る