芸術の秋。わたくし意外と器用なのかも。

粘土細工。こだわりのバナナみなさんこんにちは。最近、息子の遊び相手をしていると何かと注文してくるようになってきて、めんどうくさいなぁ困惑している@kamichikiです。先日、妻が買ってきた「お米の粘土」なるもので息子と遊んでいたら、私が作った果物やお野菜が高評価を得たので自慢させてください。

最近の粘土はカラフルなんですね。しかも米粉と水から出来ているとの事で、間違って口に入れても安心だそうです。息子は先日からテーブルの上で、この粘土を使って試行錯誤しながら遊んでいました。千切ったりくっ付けたりと形にならないものを一生懸命やっていたのですが、とうとう私に助けを求めてきました。

粘土細工。息子作品追加「パパおいで」と呼ばれ粘土の前に。私が白と緑の粘土をつかって、「大根」を作ってあげたら、妻と息子から賞賛を得られたので、調子に乗って「バナナ」、「カキ」、「トマト」等を作成。バナナは黄色のほかに茶色と緑も混ぜて、青っぽい部分と熟れた部分を表現しました。息子からは「パパ上手~」など言われ尊敬の眼差し・・・。

息子も喚起されてか、立て続けに作品を披露。(画像下の方)「目玉焼き?」、「ハンバーグ?」、「ト、トロ!?」・・・。謎の作品もありますが、「これはなに?」と聞いても、はぐらかされるばかり。

粘土は手先も使うし表現力もつきますのでよいですね。パパさんママさんも子供に付き合って作品を作ってみてはいかがでしょう。最近の粘土は匂いもつかずカラーが豊富なので結構はまりますよ。

以前、テレビ番組に出演していた「粘土アーティストおちゃっぴ」さんのサイト。

幼児に人気の粘土遊び!効果、年齢別の遊び方とおすすめ10選
自由に形を作ることができる粘土遊びは、いつの時代も子どもに大人気です。お口にものを入れない年齢になったら上手に遊ぶことができるようになりますね。指先や手のひらをいっぱい使うことができて、考える力も伸びる理想的な遊びです。近頃は粘土の種類も色もたくさん出ているので、目的や嗜好に合わせて選ぶことができます。幼稚園や保育園に...
関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. andy より:

    粘土苦手な私には尊敬☆☆です!!想像して作る作業が苦手で。。。上手ですねえ。
    息子が粘土苦手なのは私が楽しそうにしてないからだろうなあと思います。
    ぜひkamichiki先生の粘土教室に通いたいです!

    • kamichiki より:

      andyさんこんにちは。
      ありがとうございます!私は小さい頃から物を作るのは好きでしたね。中学生の頃はプラモデルやラジコンを組み立てるのにもハマリましたし。最近の粘土はカラフルなので、簡単なものでも見栄えがよいのがいいですね。

  2. Ryupapa より:

    kamichikiさん器用だったんですね!うちは形の整った丸のだんごを作って、だんごだんごだんごーだんご虫~と歌っていれば喜んでくれます。で自分で包丁を使い切っていれば満足してくれますよ。私は坊っちゃん制作のハンバーグが気に入りました。

    • kamichiki より:

      Ryupapaさんこんにちは。
      それほど器用というわけではありませんよ。木工とかは苦手ですし。粘土がカラフルなのでよく見えるのだと思います。
      息子の「ハンバーグ」は奇跡ですね。私もびっくりしました。「トロの握り」みたいなものを作ったときは笑いましたが。

トップへ戻る