「流山おもちゃ病院」の会場で貸しきり状態で遊んできた。

高性能バズ・ライトイヤーみなさんこんにちは。流山のおおたかの森SC内にある出張所では、定期的に開催されています「流山おもちゃ病院」が開院していました。この「おもちゃ病院」ですが、壊れたおもちゃをボランティア技術者さんが無料で直してくれるという素敵なイベントなんです。

壊れたおもちゃを持ち込んだわけではないのですが、出張所の前を通りかかったら「おもちゃ病院」が開院していました。プラレールや、汽車のおもちゃやらが並べてありましたので、ママが買い物している間、息子と遊んでおりました。

10数名近くもいる年配の技術者さん達も、お客が少ないせいか手持ち無沙汰のようで井戸端会議状態。息子と中に入っていくと、「おもちゃで遊んでいって、直しても遊んでくれる人がいないんだよ」と、そりゃ寂しいですね。息子に一生懸命操作方法を教えていました。

息子としては、楽しくてたまらんのです。一人貸し切り状態ですから。特に汽車の乗り物が気に入ったようで、ずっと乗り続けていました。私は「バズ・ライトイヤー」のおもちゃがおもしろく、大人気なく夢中になってしまった。これラジコンになっていて動き回るんですよ。ボタンを押せばポーズを決めたり、決め台詞を言ったり。かっちょえー!!

この「おもちゃ病院」、とてもよい企画なのに利用者が少ないようです。出張所の待合スペースを利用しているので結構広いんですよ。もっとキッズスペースみたいなのを作って、子供を集められるようにすればよいのにと思いました。森のマルシェ等イベント時にコラボ参加するとか。

宣伝力が足りないのですかね。折角のサービスを無料で受けられるのだから、ちょっともったいなく感じました。

流山おもちゃ病院
流山 おもちゃ病院 修理 無料
関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク

コメント

  1. andy より:

    いいですね 😳 うちに壊れてるけど、動きそうなおもちゃがあります。
    息子もどうにか直したいみたいです・・・。次回、開催はいつなんでしょう?
    動いたら息子も喜びそうです・・・壊したのは息子ですけど・・・。

  2. kamichiki より:

    andyさんこんにちは。
    壊れたおもちゃあるんですね。「流山おもちゃ病院」は名の通り市内の各所をボランティアの方が巡りながら開院しているんです。「開院予定表」をリンクをしておきました。今度、家に遊びに来る時にでも持ってきてください。スケジュールが合えば修理してもらえますよ。ただ、修理パーツ代は実費ですのでご注意ください。 😉

トップへ戻る