スポンサーリンク

家事負担軽減策。「ワタミの宅食」を再開しました。

ワタミタクショクみなさんこんにちは。4月からの妻の仕事復帰に伴い怒涛の生活が続いております。妻は仕事柄フルタイム復帰。定時上がりをする為に始発で出勤し朝活。帰りも指定された保育園のお迎えギリギリになってしまっています。そんな生活が安定するまでは家事の補助として以前利用した「ワタミの宅食」サービスを再開しました。

娘が生まれて間もない頃、家事負担軽減の為に「ワタミの宅食サービス」を一時利用していました。こちらのサービスには色々クレームもささやかれていますが、我家の場合、これといった不備不満もなく配達担当者もとても丁寧な方です。配達員の方と顔をあわす事が殆どありませんが、請求代金を手書きで添えてある事もありとても丁寧な印象を受けました。

前回利用時は、育休で妻は在宅していたので、おかずだけの「まごころおかず(1食あたり586円)」。今回は、妻、子供、私と帰宅時間がほぼ重なる為、そこから準備・料理となると家事負担が圧迫する為、ごはん付きの「まごころご膳」と、子供用に「まごころこばこ」を頼んでいます。

ワタミの弁当和食中心で、塩分や低カロリー計算されたお弁当は、息子も娘も完食するほど、よく食べてくれます。大人だと薄味の味付けで量も少ないかなと感じますが、先日、某お弁当屋さんのお弁当を食べて思いました。味が濃い、脂っこい、量が多い。たまに食べるなら美味しいお弁当ですが、これが毎日となると・・・。

ワタミの宅食弁当は毎日献立も違いますし、なにより毎日無理なく食べれる味付けと量というところがよく考えられていると感じました。

確かに毎日ともなると経済的ではないかもしれませんが、(カロリー計算された調理、毎日の献立、宅配サービス)を考えたら相応かな。気軽に始められ気軽に終了できるのも可能ですので、生活の様子を見ながら宅配内容を変更していけばよいかと思います。不在時も保冷剤入りの鍵つき保冷ボックスに入れて頂けるので、留守の時でも心配ありません。

妻の仕事復帰、子供二人の保育園送迎。そして毎日の家事。想像以上に、時間に追われます。少しでも、自分たちの負担を軽減させる為にも、このようなサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

あっ!お汁は自前で作ってます。

【公式】ワタミの宅食 | ワタミの宅食
「ワタミの宅食」は管理栄養士が設計した日替わりの夕食を、まごころを込めてお届けします。
「ワタミの宅食サービス」を試してみた。
みなさんこんにちは。子育て真っ最中のママさんお疲れ様です。娘が生まれてから一ヶ月間は義母がサポートにきてくれ、家事・育児...

ブログランキングに参加しています。
応援お願いします!

 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
日記的な
シェアする
kamichikiをフォローする
40papa

コメント

タイトルとURLをコピーしました