スポンサーリンク

東武アーバンパークライン 清水公園~梅郷間 高架区間の使用を開始。

みなさんこんにちは。先日初石駅に久しぶりに行きました。こじんまりとした駅舎、駅前にある蕎麦屋さんや商店街など、どこか懐かしく感じましたね。野田線は長い間この変わらないスタイルが人気でもあったのですが、アーバーンパークラインになってから進化がとどまりません。

随分前に投稿しました東武アーバンパークラインの愛宕駅と野田市駅を含む約2.9キロメートルの鉄道を高架化する連続立体交差事業ですが、3月28日(日)初列車より、清水公園~梅郷間の高架区間の使用が開始されるとの事です。新たに改修された愛宕駅も同日より利用開始となるようです。

つくばエクスプレスが踏切がない路線という事で人身事故が少ないだけに野田線の踏切事故のニュースは多く感じますね。先日も重大な人身事故があったばかりです。今回の高架事業で11か所の踏切が廃止されるとの事で安定・安全面も向上になることでしょう。

愛宕駅に関してはモダンなデザインの駅舎に変わっていて、とても綺麗になっています。野田市駅に関しても2023年度に新駅舎として開始予定で、こちらは近代化産業遺産との調和がコンセプトということで、ノスタルジックなデザインになるようです。

野田線高架事業

野田線高架事業

【新愛宕駅】愛宕駅

【野田市駅デザイン】

野田市駅

東武鉄道は22日、千葉県が事業主体となって進めている「東武野田線(野田市)連続立体交差事業」において、3月28日初列車から東武アーバンパークライン(野田線)清水公園~梅郷間の高架区間と愛宕駅の新駅舎を使用開始すると発表した。これにより、同区間にある11か所の踏切を廃止し、安全性が向上します。本事業において、同区間内にある愛宕駅、野田市駅の高架駅化も進めており、今般、愛宕駅については3月28日より新駅舎の使用を開始します。

テレワーク等が整備された現在、以前は陸の孤島とよばれた土地を繋ぐ路線でしたが、アーバンパークラインの利便性の向上や新駅舎への改修で、今後はこの路線の人気が出そうですね。

詳細は東武鉄道HPニュースリリースよりご確認ください。

東武鉄道公式サイト
東武鉄道公式サイト。運行状況、乗り換え・運賃、時刻表検索、路線情報など鉄道情報や、東京スカイツリー・日光・鬼怒川をはじめ東武沿線各地の観光地情報、東武鉄道および東武グループ企業の最新情報をご覧いただけます。
東武アーバンパークライン野田市駅、愛宕駅の駅舎新デザイン。
みなんさんこんにちは。まったく知らなかったのですが、東武アーバンパークラインでは、愛宕駅と野田市駅を含む約2.9キロメー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました