「やれば出来る子なんです」成長感じた初運動会。

保育園運動会みなさんこんにちは。ラグビーW杯での日本代表の活躍、体操日本男子団体の世界選手権金メダル獲得と、スポーツの秋は煌びやかなニュースが流れています。共に英国で開催という事ですからサッカー以外でも日本スポーツ(選手)の強さをアピールできましたね。

スポーツの秋と言うことで、息子の保育園では「運動会」が開催されました。息子にとっては初めての「運動会」です。普段から家ではおちゃらけてばかりで、運動会の練習の話を聞いても、まともな回答を得られなくて心配していたのです。

「息子くんは走るのが速いですよ」と、保育園の先生がおっしゃっていましたし、息子自身「息子くんがいちば~ん!」など言っていたのですが、ランバイクの走りや普段の走り方をみても「うそ~ん」と言う感じ。なんだか心配で、毎朝通園途中の公園でスタート練習をしてもなんだかしっくりこないし・・・。

本番当日、開会式の後はすぐに「かけっこ競争」です。1歳児、2歳児とほのぼのしたレースから3歳児クラス位になるとみんな走り方もまともになってきて迫力がでてきました。そして、息子くん登場です。体育館なので距離にして20mくらいかな。

「ヨーイドン!」スタートダッシュは素晴らしくいきなりトップで走り出す。走り方もまともじゃん!フォームもいいし、腕も振れてるし、頭の位置もイイ!なんだぁ?私と練習していた時とは別人のよう(毎回ふざけていたのか??)

しかし、途中で失速してもつれこむようにゴール。結果3位か4位か。着順はどうあれ心配していたフォームが思っていた以上によかったので安心した。他のダンスや組体操も卒なくこなせていてビックリ。そうなんです。やればできる子なんです・・・。自分もよくいわれたな・・・。

妻は「保護者VS教員ソリリレー」、じいじは「玉入れ」に参加し家族で楽しめました。ただ一人、何も参加できない娘ちゃんは、ずっとダダこねていました。

第18回:「走るフォームを気にするより、走りやすい形で走らせた方が良いのでしょうか?」 | 速く走るためのワンポイントアドバイス | スペシャル | 瞬足クラブ | アキレスシューズ公式サイト
第18回:「走るフォームを気にするより、走りやすい形で走らせた方が良いのでしょうか?」 | 速く走るためのワンポイントアドバイス | スペシャル | 瞬足クラブ | アキレスシューズ公式サイト

トップへ戻る