脱、オムツ宣言!ファイナルステージ。

脱オムツ宣言みなさんこんにちは。我家の娘ちゃん、3歳も半ばを過ぎて、今、彼女の中では一大プロジェクトが過渡期を迎えています。そう、「脱、オムツ宣言!ファイナルステージ」。就寝時のオムツをパンツに替えるという勇気と、自分の寝場所を奪われるかもしれないおねしょとの恐怖に日々戦っております。

トイレトレーニング、パンツトレーニング等々、長男の息子くんの時はすごく覚えているのですが、娘ちゃんは、いつの間にかパンツで日々を過ごせるようになっていました。2人目あるあるですね。「親はなくとも~」ではないですが、ほったらかし育児でも子供はちゃんと色々出来る様になっていくものです。もちろん、保育園の先生方のお力のおかげでもありますが。

そんな娘ちゃん。脱オムツ宣言!車での長距離移動以外は、ほとんどパンツ生活になっていました。ただ、夜は自信がなくパンツに履き替えて就寝していました。それでも最近は朝までオムツを濡らすこともなく朝を迎えていたので、「パンツで寝てみようか」と挑戦。

一応、保険で「おねしょ対策ケット」を腰に巻いて寝ました。1日目成功!保育園の連絡帳にパンツ就寝成功!を書いて上げたら、先生方に褒められたらしくご満悦。翌日から連続4日間連続成功して、これで完璧!?と思った5日目におねしょ発動。しかも、対策ケットが捲くれ上がっていて見事にベッドを濡らしてくれました。

しかし、翌日には、みずから「おねしょ対策ケット」を腰に巻いてベッドに向かいリベンジ。そして見事に成功!朝にご自慢顔で「パパ~、連絡帳にパンツで寝れたってかいて~」だとw。遅かれ早かれもう数日でオムツとはバイバイになりそうな感じ。

息子の時からいれると約5年。オムツ交換も終焉を迎えそうです。朝から、う○ちまみれになって、会社行くきも失せた時もありましたが、懐かしい反面ちょっと寂しいですね。

オムツ捨てに大活躍の処理袋。オススメです。

スカートタイプとズボンタイプがありますが、うちの子はなぜかズボンタイプは嫌がり着てくれません。

おねしょ対策を紹介:自宅でできるスリーパーなどのグッズを使った布団汚し予防や5歳以上の年長児、小学生へのサイズに合うおねしょパンツやズボン/本人に後始末させる/睡眠時間など生活習慣でのおねしょ改善方法です。
トップへ戻る