スポンサーリンク

野田市のソウルフード「ホワイト餃子」でスタミナ回復!。

ホワイト餃子みなさんこんにちは。今年の5月は暑いですね~。2ヶ月前までダウンを着て震えていたのがウソのようです。急激な気温の変化に体調を壊してしまう方もいるのではないでしょうか。こんな時はスタミナ料理を食べて急激な気温の変化を乗り切りましょう。

スタミナ料理といえば餃子。暑い日でも食べやすく、冷たいビールともよくあいますね。ということで、我家もスタミナ付けに野田市のソウルフードでもある「ホワイト餃子」にいってきました。

本来は本店に行きたかったのですが、出かけ先の近くに三郷店がありましたのでこちらへ。三郷店は他の店舗と少し違って、ランチや定食もありファミリーで訪問しやすいところです。こちらには、ゆで餃子もありました。

お昼の時間をずらして行きましたので、さほど並ばずに入れました。ランチセット(焼き・ゆで)に+餃子1人前を頼んでみんなでシェア。

ホワイト餃子の特徴はまず見た目。焼き饅頭や、焼きショウロンポウのような見た目に娘ちゃんも「これってギョウザ?」を連発。そして、まわりはパリッとした皮に中はジューシー。揚げギョウザに近いので中は熱々で、娘ちゃんは食べるのに苦労していました。

ギョウザは1人前10個なのですが普通のギョウザよりも皮が厚いので食べ応えがあります。ですが、意外と食べれてしまうんですよね。息子くんも5・6個はペロリと食べていました。

ホワイト餃子は、B級グルメ、ローカルフードなど言われていますが、今では全国区に店舗もあります。おみやげようの餃子も大人気で本店では9時の販売開始前に売り切れるというよく理解できない状況もw

それくらいの人気の餃子です。GWで疲れた体のスタミナ回復に食べに行ってみてはどうでしょう。ちなみに我家のママは我慢できずにランチビールをたのんでました・・・。

次は総本山の野田本店で食べます!

ホワイト餃子グループ ホームページ
ホワイト餃子グループの公式ホームページです。商品のご案内のほか、調理方法、グループの店舗をご案内しております。最高の材料を厳選して、真心を込めた手作りのホワイト餃子を、ぜひお召し上がりください。
カリッとジューシー!千葉県民に愛されるホワイト餃子とは?
餃子といえば、浜松や宇都宮の餃子をイメージする人は多いはず。でも、千葉県のローカルフード「ホワイト餃子」は、見た目が今までの餃子とは全く違います。ボリューミーな見た目に、外はカリッと中モッチリの皮の餃子です。千葉県で愛されるホワイト餃子は、じわじわと全国にもその人気が浸透中。そんな人気のホワイト餃子の正体を知ったら、き...
https://www.athome.co.jp/vox/series/life/69175/pages2/

コメント