実りの秋、収穫の秋、食の秋なので炊飯器を買換えた。

新しい炊飯器で美味しいご飯みなさんこんにちは。実りの秋、収穫の秋、食の秋。食べ物が美味しい季節になりましたね。実家の父から「米30kgもあるから取りに来いよ」と連絡がありました。ご近所さんから、新米を頂いて30kgもの量になってしまったようです。分けてくれるとの事でした。ところが我家でも、妻方の九州の親戚から新米が届き、こちらにも30kgのお米があります。しかし、この嬉しい悲鳴のなか新米を美味しく食べられない我家の悲しい現状があるのでした。

実は今使用している炊飯器が、半年前位に何かの操作を失敗し、見事な米糊が出来たんです。しかも、その米糊が、なぜそうなったのか思い出せませんが蓋やスイッチ類の隙間に入り込んでくっついてしまったのです。清掃はしたのですが、その後から蓋の開閉がスムーズに閉まらなくなっていました。その後は、だましだまし使っていたのですが、ここにきて新米を大量に頂くことになり、折角の米を美味しく食べたい!という気持ちになりまして新しい炊飯器を購入することになりました。

近所の電気屋に行くとたくさんの炊飯器が並んでいました。マイコン、IH、圧力IH、極め炊き、炊きたて、土釜、炭釜・・・。色々あります。高級なものは10万円以上のものまで。人気は3万円~5万円くらいですかね。結局、そこでは決められず、大体の相場を確認してきただけでした。ネットでみても人気は老舗のタイガーか象印ですね。

結局、いつもの愛用しているネットショップAmazonで、象印の「極め炊き」製品を購入しました。人気モデルの上、2012年9月発売の新製品が半額になっていたのです。希望予算内でワンランク上のものが買えたのではないでしょうか。厚釜羽釜リング付き・・・。と、たいそうな感じですよ。それにしても、ネットでみると炊飯器のメーカー希望小売価格は当てにならないくらい値引きされてますな。

これで頂いた新米は美味しく食べられるかな後は料理の腕を上げて惣菜を美味しく作らなければ。とりあえず、高島屋フードメゾンで「寺岡家のたまごにかけるお醤油」を買って帰りました。

妻曰く、圧力IHのせいか、炊いている時、圧力のかかる音が結構うるさかったと言っていましたが、美味しい「卵かけごはん」が食べれたのでよしとします。

関連記事



ブログランキングに参加しています。クリックして応援お願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
スポンサーリンク
トップへ戻る